2016年、京都市美術館で開催された「ダリ展」のポスターに、タレントのルー大柴の顔写真が採用された。理由はダリに似ているから。本物のダリとルーの顔写真が並んだそのポスターを見ると、たしかに一瞬どちらがダリなのかわからないほどそっくりだ。

ルーは、そのダリ顔・短足の体をファッショナブルなスーツでめかし込み、「ルー語」とよばれるヘンテコな英語を駆使して90年代の芸能界を席巻した。最近じわじわと人気を取り戻しつつある、ルー大柴の芸能活動を振り返る。

ルー用語の基礎知識


1989年、ルーはアデランスのCMでの「トゥギャザーしようぜ!」というセリフでブレイクした。その後、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーや、『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)の司会者として90年代のテレビ界で活躍していった。その人気の要因は、なんといってもルー語と呼ばれるキテレツな英語にある。

ルー語の基本は直訳だ。ルーは、日本語の中に突然直訳の英単語を挿入し独特のルー語をつむぎだしていった。特にことわざや慣用句でルー語化が多用される。
一部例を挙げると、ルー語には次のようなものがある。

■ちりも積もればマウンテン
■スリーデイズ坊主
■七スリップ八ゲラップ
■あうんのブレス
■虫のインフォメーション
■コロンブスのエッグ


ルー語は人名にも発展することがあり、俳優としての恩師である勝新太郎を「ビクトリーNEW太郎」と呼ぶこともある。