90s

藤原竜也デビュー作がお蔵入りの理由とは?

       
1997年に放送されたフジテレビ系ドラマ『それが答えだ!』が忘れられない。

三上博史扮する世界的な天才マエストロは、傑出した才能を持ちながらも傲慢な性格から失業してしまう。やむを得ず収まった田舎の中学のオーケストラ部顧問だったが、生徒との交流を通じて音楽への情熱や人間らしさを取り戻していくストーリーだ。

80年代末から90年代初頭に掛けて、数多くのトレンディドラマで2枚目のプレイボーイキャラを演じていた三上だが、92年のフジテレビ系ドラマ『あなただけ見えない』で役者の幅が広がったのは間違いない。
演じたのは、女性人格を含む三重人格者という難しい役柄。額に血管を浮かべ、狂ったように笑う姿を始め、迫真の演技で新境地を切り開いている。

もっとも、これ以降はむしろエキセントリックな役柄こそ、三上の真骨頂となった感はあるが……。このドラマでも狂気漂う演技力でアクの強い天才を見事に演じきっている。

高視聴率を連発していた97年のフジテレビ系ドラマ


この年のフジテレビはドラマの当たり年。

月9では『ひとつ屋根の下2』『ビーチボーイズ』『ラブジェネレーション』と、記録に残るレベルの高視聴率を連発。火曜9時枠にはあの『踊る大捜査線』が登場し、『総理と呼ばないで』『ナースのお仕事2』とヒット作が続く。
草なぎ剛の初主演作でブレイクのきっかけとなる『いいひと。』は火曜10時枠だ。草なぎは水曜10時枠の『成田離婚』でも主演を務め、高視聴率を記録しているが、その前番組が『それが答えだ!』だった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「藤原竜也デビュー作がお蔵入りの理由とは?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「それが答えだ!」はCSでは何度も再放送されてる。 ソフト化されてないのは使用楽曲の著作権問題という話。

    8
  • 殿 通報

    最終回にマエストロが、生徒の名前を呼んでダメ出しするシーンは、何回観ても泣けます。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。