90s

多くのグラドルを輩出! 強烈だった「イエローキャブ」の野田社長

多くのグラドルを輩出! 強烈だった「イエローキャブ」の野田社長
※写真はイメージです
イエローキャブ消滅。

このニュースが報じられたのは、今から2年以上前となる2015年2月のこと。
かつてのイエローキャブといえば、“巨乳アイドルの総合商社”として、所属タレントをテレビで見ない日がないほどだったのに……。隔世の感を禁じ得ないというものです。

消滅のきっかけとなった分裂騒動


衰退の分岐点は、火を見るより明らか。2004年に勃発した「イエローキャブ分裂騒動」をおいて他にありません。

経営上の揉め事から、最終的に所属タレントが現事務所に残るか、それとも新事務所に移籍するかの、二者択一を迫られたこのトラブル。雛形あきこやMEGUMIなど、多くの主力級が新事務所側へ移籍したことにより、事業規模縮小を余儀なくされたイエローキャブにもはや復興の芽はありませんでした。

こうした分裂騒動から消滅までの一部始終を振り返ると、改めてわかるのが同事務所元社長・野田義治氏の偉大さ。結果から見て、イエローキャブが一時代を築けたのはひとえに、彼の強烈なパーソナリティがあったからこそだと考えて間違いないでしょう。

黒澤明の長男が設立したイエローキャブ


イエローキャブの設立は古く、今から35年以上前となる1980年にさかのぼります。
当初は映画監督・黒澤明の長男・黒澤久雄氏が運営する、黒澤フィルムスタジオの芸能部門としてスタート。その名もズバリ『黒澤プロモーション』。

この時、まさか巨乳タレントの総合商社化するなんて、誰も思わなかったに違いありません。変転のきっかけは、言うまでもなく、黒澤が当時の遊び仲間・野田へ経営権を譲ったことでした。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。