90s

事務所独立騒動で転落……加勢大周の現在

事務所独立騒動で転落……加勢大周の現在
「ベタドラマ」にも出演していた(※写真はイメージです)
加勢大周……。そういえば今から10年ほど前、バラエティ番組『くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン』(日本テレビ系)でやっていた「ベタドラマ」に出ていました。

あの作品から加勢の存在を知った人にとって、おそらく彼は少し古臭い顔をしたイケメンにしか見えないはず。ちょうど、笠置シヅ子をカネヨンのおばさん、定岡正二をとんねるずに罵倒されるおじさんと最初に認識した場合と同様、まさか昔はすごい人だったなんて思いもしないことでしょう。

しかし実際、彼はすごい人だったのです。

かつては、吉田栄作・織田裕二と並び称されていた


1990年、サザン桑田の初監督映画『稲村ジェーン』の主演オーディションに合格して、芸能界デビュー。同作の大ヒットで顔が売れた加勢は、一躍、注目の若手俳優となります。

その後は、『はいすくーる落書2』(TBS系)、『学校へ行こう』(フジテレビ系)、『ADブギ』(日本テレビ系)など、話題のテレビドラマに次々と出演。一時は、吉田栄作・織田裕二と並び称され「トレンディ御三家」(平成御三家)などと呼ばれていたものです。

独立騒動で事務所と揉めた加勢大周


1991年には、CM契約社数ランキング1位にも輝き、絶頂期ともいえる人気を誇っていた加勢でしたが、突如として暗雲が立ち込めます。
きっかけとなったのは、当時の所属事務所からの独立。加勢はかねてより、給与未払いをはじめとした事務所側の不誠実な対応に不満を抱いていました。このままでは未来がない……。そう考え、実母を社長に据えて個人事務所設立を画策したのです。

あわせて読みたい

  • 「ええ根性してる」松本人志が評価した歌手の現在

    「ええ根性してる」松本人志が評価した歌手の現在

  • 芸名が大問題に! 裁判で揉めた末に改名した高知東生

    芸名が大問題に! 裁判で揉めた末に改名した高知東生

  • 超売れっ子だった……ホラー漫画家の山咲トオルを振り返る

    超売れっ子だった……ホラー漫画家の山咲トオルを振り返る

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年9月16日の90s チョベリー記事
    「事務所独立騒動で転落……加勢大周の現在」の みんなの反応 7
    • 匿名さん 通報

      また、人のブログのぱくりかよ。以前バーテンダーはやっていたけど今はやってないだろ?こじへいは裏取ってないだろ?パンピーなんだからそっとしてやれよ。

      22
    • MAKOTO 通報

      きちんと調べて記事書いているのかよ?「ADブギ」はTBS系列で放送されていたドラマじゃネェのかよ?違うか?

      12
    • 匿名さん 通報

      なんのニュースにもなってないよ 程度の低い記者ごっこ

      11
    • 匿名さん 通報

      ライターは名前を「こじき」に変えたら良いようで

      10
    • 匿名さん 通報

      『こじつけこじへい』の名を初めて見たがプロフに『なんでも書きます』と開き直ってるからって、クソみたいな記事を書いていいとはあまりに甘すぎないか?

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース