90s

事務所独立騒動で転落……加勢大周の現在

加勢大周……。そういえば今から10年ほど前、バラエティ番組『くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン』(日本テレビ系)でやっていた「ベタドラマ」に出ていました。

あの作品から加勢の存在を知った人にとって、おそらく彼は少し古臭い顔をしたイケメンにしか見えないはず。ちょうど、笠置シヅ子をカネヨンのおばさん、定岡正二をとんねるずに罵倒されるおじさんと最初に認識した場合と同様、まさか昔はすごい人だったなんて思いもしないことでしょう。

しかし実際、彼はすごい人だったのです。

かつては、吉田栄作・織田裕二と並び称されていた


1990年、サザン桑田の初監督映画『稲村ジェーン』の主演オーディションに合格して、芸能界デビュー。同作の大ヒットで顔が売れた加勢は、一躍、注目の若手俳優となります。

その後は、『はいすくーる落書2』(TBS系)、『学校へ行こう』(フジテレビ系)、『ADブギ』(日本テレビ系)など、話題のテレビドラマに次々と出演。一時は、吉田栄作・織田裕二と並び称され「トレンディ御三家」(平成御三家)などと呼ばれていたものです。

独立騒動で事務所と揉めた加勢大周


1991年には、CM契約社数ランキング1位にも輝き、絶頂期ともいえる人気を誇っていた加勢でしたが、突如として暗雲が立ち込めます。
きっかけとなったのは、当時の所属事務所からの独立。加勢はかねてより、給与未払いをはじめとした事務所側の不誠実な対応に不満を抱いていました。このままでは未来がない……。そう考え、実母を社長に据えて個人事務所設立を画策したのです。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク