90s

圧倒的な話術……上岡龍太郎の伝説的な弔辞とは?

横山ノック……。90年代に少年期を過ごした人にとって、彼といえば「強制わいせつ事件を起こした大阪府知事」のイメージが強いはず。「いつまで 大阪府の知事をいじめたら 君ら君! 気が済むんだぁー!」とカメラの前でブチキレたかと思えば、裁判では一転、起訴内容を全面的に認めたその変わり身の早さは、もはやギャグの領域でした。

そんな晩節を汚したノックのイメージ回復に少なからず貢献したのが、47年間苦楽を共にした盟友・上岡龍太郎です。
2007年6月7日に開催された「横山ノックを天国へ送る会」にて、彼が披露した献杯の挨拶は、芸能界引退から当時で既に7年経過していたにもかかわらず、なおも錆びつかない話芸で人間・横山ノックの魅力を情緒豊かに伝えていました。

ノックに育てられた上岡龍太郎


ノックさん あなたは僕の太陽でした。

こんな一言から、上岡の口上は始まります。

2人が出会ったのは、1960年。
お笑いコンビ「横山ノック・アウト」を解散したばかりのノックは、ジャズバンドの司会などで活躍していた上岡(当時18歳)の才能を見抜き、笑いの道へ誘います。彼らは、上岡のロカビリーバンド時代の仲間を加えた3人組の漫才ユニット『漫画トリオ』を結成。
司会者として既にしゃべりに長けていた上岡でしたが、本格的な漫才をするのはこれがはじめて。それゆえ、10歳年長で芸歴も遙か上のノックに、優しくも厳しく指導されたそうです。

あなたの熱と光のおかげで、僕は育ちました。あなたの温かさと明るさに包まれて、生きてきました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク