review

「おそ松さん」2期6話。ひとりぼっちは寂しいもんな「ちゃんと反省しないといつか一人になっちゃうぞ!」

『おそ松さん』2期は基本グロあり路線ですか。いいですね。
6話は昔のアニメ『おそ松くん』みたいな、六つ子の外のキャラを巡る展開。
そして、六つ子の対人関係観がわかる回だ。
「おそ松さん」2期6話。ひとりぼっちは寂しいもんな「ちゃんと反省しないといつか一人になっちゃうぞ!」
おそ松さん 二期メインビジュアル(公式HPより)

六つ子の承認欲求


Aパート「イヤミがやって来た」 は、無一文のイヤミが松野家に乗り込んできて、つけこんだ挙句何もかもかっぱらって逃げる話。
ここ自体は、1期3話でおそ松たちがやった行動のリベンジに近いので、イヤミ自体が凶悪ってほどではない。
問題は、イヤミに褒められた途端なんでも許してしまった六つ子の精神状態だ。

六つ子は全員、承認欲求がすこぶる強い。
全員わがまま勝手なキャラに見えて、実は対外的には何一つ自信を持っていない、というのは前回5話の海のナンパ話で明らかになっている。

イヤミの褒め言葉で、彼らの承認欲求が満たされてしまった。
比較的社会的に認められているであろうトド松ですら「なぁイヤミ。ずっとここにいていいからね。いいんだって気にしないで。僕達に任せといてよ」と言うほど。

この他人からの評価のうけとり方は、Bパートの「友人」問題につながる。

いつか一人になってしまう


Bパート「ともだちがほしいじょー」は、ハタ坊が友達を探す話。
ハタ坊は1期では大金持ちとして描かれており、金の力で女を侍らせ続けていた。そんな彼は、友達という感覚がわからない。
六つ子にチビ太にデカパンにダヨーンにトト子、いつものメンバーが深夜0時になってまで集まって、彼の相談にのってくれている。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おそ松さん

おそ松さん

赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』を原作としたテレビアニメ。六つ子ニート、おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松が登場!【キャスト】櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、遠藤綾、鈴村健一、國立幸

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース