90s

吉岡秀隆 故・尾崎豊と兄弟のような関係だった

90年代に人気を集めたテレビドラマシリーズといえば、フジテレビ系「北の国から」が挙げられるだろう。
そこで純(ジュン)役を演じていた吉岡秀隆は、1994年に、同じ「北の国から」の監督である杉田成道氏が監督した映画「ラストソング」という本木雅弘主演の映画で、ギターを弾く青年・稲葉一矢を演じている。

戸迷いながらも作詞作曲した曲が映画主題歌に


実は、この映画「ラストソング」の出演にあたり、吉岡秀隆は馴染みのある杉田監督から「ギターを練習しろ」と言われて練習していたところ、さらに「曲を作れ」という指示を受ける。戸惑いながらも吉岡が曲を作ると、その曲が他の候補だった曲を押しのけて、主題歌として採用されたというエピソードがある。

その理由を、杉田監督は「吉岡の歌がせつなくて心に響くいい歌なので」とシンプルに語っている。

ラストソングは尾崎豊へのメッセージ


このとき吉岡が作った歌は、映画と同名タイトル「ラストソング」という曲としてリリースされ、吉岡は歌手デビューすることになるが、この曲にはその2年前に急逝したカリスマ・尾崎豊への思いが込められているといわれている。吉岡秀隆は、5歳年上の尾崎豊をプライベートでも兄弟のように慕っていた。この世を去ったそんな尾崎への思いが、このときまだ拭いきれなかったのだろう。

「ラストソング」を聴くと、カリスマがいなくなった孤独感と空虚な淋しさを抱きながらも、彼が残した言葉を信じて歌い続けていくという決意が切々と綴られているのが明らかだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク