smadan

復活していたコミックボンボンと名作「王ドロボウJING」を振り返る

復活していたコミックボンボンと名作「王ドロボウJING」を振り返る
画像はPixivコミック「コミックボンボン」のスクリーンショット

20代以上の男性に、小学生時代に読んだ漫画雑誌と聞いて名前が挙がるのは、まちがいなく「コロコロコミック」と「コミックボンボン」だろう。
しかしコミックボンボンは2007年に休刊した。書店でコロコロの隣に並んでいたあの分厚い雑誌は見ることはできないのだ。

一時代を築いたコミックボンボンの歴史と、同誌掲載作品のなかでも異彩を放った『王ドロボウJING』の魅力を振りかえる。


「コミックボンボン」創刊から黄金期


漫画誌「月刊コミックボンボン」(講談社)が登場したのは1981年のこと。児童向け漫画誌の雄「月刊コロコロコミック」(小学館)に対抗する形で創刊された。

小学生以下の男児をターゲットにしているため、連載漫画は玩具やゲームのタイアップものが多かった。
80年代の代表的なコンテンツといえば「ガンダム」「プラモデル」「ファミコン」だろう。
なかでもボンボンは、ガンダムシリーズと深い繋がりを持っていた。『機動戦士ガンダム』放映後、ガンプラブームが小学生以下に広がったことにいち早く注目したのだ。
そのガンダムの流れからか、他のサンライズ作品とも連携し、『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』の漫画版も連載されていた。

その後も子供たちに人気の玩具やゲームなどを題材にした特集を組み、漫画も多く連載した。『プラモ狂四郎』『SDガンダム』『ロックマン』などのタイトルを懐かしく感じる人も多いだろう。
武者ガンダムがブームになった1991年からの3年間は、ライバルのコロコロコミックを部数で追い抜いたこともあった。


世紀末から新世紀へ ボンボンはオタクの入り口だった?


スマダン読者がボンボンを愛読していたのは、1990年代後半から2000年代前半だろうか。
実はその頃のボンボンは冒険期、あるいは迷走期ともいえる動きが見られた。

1990年代半ば、ライバルのコロコロコミックは発行部数を倍増させていた。『ポケットモンスター』と発売当初からタイアップした影響が大きかった。
その他にも人気玩具やゲームを次々タイアップしていく。『ミニ四駆』『ビーダマン』『ベイブレード』『ハイパーヨーヨー』『昆虫王者ムシキング』『デュエル・マスターズ』……枚挙に暇がない。

もちろんボンボンも対抗して、『メダロット』『クラッシュギア』『真・女神転生デビルチルドレン』などとタイアップ。一定の成果をあげた作品や、評価が高い作品も多いが、部数を引き上げるほどの大ヒットには至らなかった。

一方で『新世紀エヴァンゲリオン』や、『ミュータントタートルズ』『X-MEN』などのアメコミなども取り上げている。ボンボンは、ときどきなんともマニアックだったのだ。
小学生向けとは思えない作品をちびっ子に提供するため、『ボンボンはオタクの入り口』と語る人もいるほどだ。

2000年代に入り、コミックボンボンは起死回生を狙いさまざまな手を打った。しかし出版不況の影響もあってか、2007年、ついに休刊することになったのだった。


評価が高い個性派の連載陣


1990年後半に時間を戻し、当時の連載漫画を振りかえると『サイボーグクロちゃん』『おきらく忍伝ハンゾー』『ロックマンX』『王ドロボウJING』などの連載があった。これらも爆発的ヒットとまではいかなかったが評価は高い。中高生など高年齢層のファンの支持を集める作品もあった。

特に異彩を放っていたのが、熊倉祐一作『王ドロボウJING(ジン)』だった。これも小学生向けとしては大人っぽい内容だったが、だからこそ子供心に印象に残っている元読者も多いだろう。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月7日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。