トリ漫画で学ぶ、QRコード決済の使い方 初心者が使うならどれがいい? 



でもなんとなく難しそうです



食わず嫌いしてるとお得チャンスを逃すかもしれないよ


というわけで、今回はPayPayをはじめ様々な還元キャンペーンで盛り上がりを見せているQRコード決済について紹介していこうと思います。ただし今回は、一時的なキャンペーン情報でも数多あるサービスを網羅して比較するものでもありません。今までこういったサービスを使ってこなかった方に「そもそもどういうものなのか?」「サービスによる違いは何なのか?」を簡単に説明していきます。

そもそもQRコード決済ってどうやるの?


QRコード決済の存在は知っていても、ずっと現金を使っていると「QRコード決済をどうやるのか」というものが想像しづらいですよね。サービスによって違いはありますが、基本的にはこうだという使い方の流れを描いてみました。
トリ漫画で学ぶ、QRコード決済の使い方 初心者が使うならどれがいい? 

QRコードはアプリをダウンロードして支払い情報などを登録すればすぐに利用できます。
またお店側がQRコードを表示して、ユーザーが読み取るというものもあります。

サービスはどれを選んだらいいの?




電子決済サービスの良さは何となく分かりました…でもいっぱいありすぎて迷います



多すぎて迷っちゃうよね。ひとまず3つだけ紹介しよう


コード決済のサービスはどんどん数が増えており、なかなか比較し切れないものでもあるため3つだけ紹介します。基本的にはどのサービスも決済の方法などに大きな違いはありません。どれを選んでもお得にはなります。

違いがあるところは
・還元されるもの(ポイント・クーポンなど)
・支払いの連携先(クレジットカードor銀行口座orプリペイド)
・対象店舗の数(コンビニ・ドラッグストア・居酒屋などが多く、大きな差はない。確認してみてください)

などですので、そのあたりを比較して選ぶと良いかと思います。

楽天ペイ・LINE Pay・Origami Payの3つをざっくりと比較するとこのようになります。
トリ漫画で学ぶ、QRコード決済の使い方 初心者が使うならどれがいい? 

基本的な使い方やざっくりとしたお得さは紹介した通りですが、他のサービスに比べて何が違いのか?をまとめてみました。

楽天Pay


トリ漫画で学ぶ、QRコード決済の使い方 初心者が使うならどれがいい? 

楽天ペイの強みは楽天スーパーポイントとクレジットカードのポイントを二重取りできることです。

前身のサービス(楽天ID決済)が10年近く前からあるため、利用できる店舗数がやや多いのが特徴です。どれだけ便利なサービスでも「このお店では使えるけど、こっちでは使えない…」と利用シーンが限定されると不便なので、カバー率の高さは大きな強みです。(ただし後発のサービスもどんどん対応店舗数が増えているので、この差はいずれ埋まってくるはずです。)

また、アプリで「QRコード決済ができる近くのお店」を簡単に検索できるので、楽天ペイのQRコード決済が使えるかどうか迷うこともありません。

QRコード決済とは違いますが、楽天ペイにはSUICAやPASMO・楽天Edyといった電子マネー決済も対応しているのが大きな魅力です。タッチするだけなのでQRコードよりも早い決済が期待できます。さらに対応する店舗は限られますが自分で金額を入力する「セルフ」という支払い方法も選択できます。

楽天ペイはポイントの還元率とカバーする店舗の多さ・支払い手段の多さで誰にとってもベターな選択肢です。