review

「いだてん」黒澤明ばりの本物志向、ストックホルムオリンピックで使われたスタジアムで生田斗真力走11話

「いだてん」黒澤明ばりの本物志向、ストックホルムオリンピックで使われたスタジアムで生田斗真力走11話
イラスト/まつもとりえこ
先週3月17日放送の大河ドラマ「いだてん」第11話は、1960年、東京都庁で田畑政治(阿部サダヲ)や都知事の東龍太郎(松重豊)らが、日本が初めてオリンピックに参加したストックホルム大会の開会式を撮った記録フィルムを観るシーンから始まった。そのフィルムは、4年後の東京オリンピックで公式記録映画の総監督に決まった黒澤明が参考にしたいと言うので、岩田幸彰(松坂桃李)が探し出してきたものだ。

劇中で田畑たちが感心していたように、黒澤はオリンピックの記録映画に並々ならぬ情熱を傾けた。総監督に選ばれるとさっそくローマオリンピックを見に行き、競技を観戦しながら撮影プランを立てたという。《資料は全部調べたし、東京オリンピック委員会にもローマ・オリンピックに関する四百ページぐらいの報告書を出した。オリンピックの開催とその記録映画とはどうあるべきか、百メートル競技のときはたとえばこのへんにキャメラを置いてたとか、ローマ・オリンピック委員会がそれは困ると言った理由とか、そんな事柄を全部調べて出した》とは、当時東宝で黒澤映画の助監督を務めることが多かった松江陽一(のちプロデューサー)の証言だ(文藝春秋編『異説・黒澤明』文春文庫ビジュアル版)。黒澤がもっとも興味を持ったのは100メートルと十種競技。マラソンでは先頭を走るアベベを追いかけ、ゴール地点まで沿道で伴走したとか。

ただ、黒澤明とオリンピック映画がその後どんな経緯をたどるかを知っていると、「いだてん」でああいう騒動の起こったあとだけに、このタイミングで黒澤が出てくるか! と思ってしまった。まあ考えすぎですが。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん」黒澤明ばりの本物志向、ストックホルムオリンピックで使われたスタジアムで生田斗真力走11話」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    >弥彦の棄権から96年後、2008年の北京オリンピックの4×100メートルリレーでアンカーとして日本勢に陸上トラック競技初のメダルをもたらした朝原宣治が登場 100年経たずに手が届きましたね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >たとえば、従来のドラマの枠組を打ち破ろうとして、さまざまな試みを展開している作品に対し、視聴率が低いことをしきりにあげつらう記者や評論家とか……) この作品のこと?メディア批判?

    1
  • 匿名さん 通報

    >折衷案をひねり出した。それが、ローマ字表記による「NIPPON」であった。  まあ、なるほどですかね。

    1
  • 匿名さん 通報

    >その後、弥彦は200メートルでも予選落ち。大森監督もこの日を境に病状が再び悪化する。  しかし、目まぐるしいですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    >このときの弥彦の表情は、すべてをやりきったという安堵感にあふれていた。こんな清々しい棄権もないだろう。  普通は、辞めさせないですけどね、少なくとも回りはね。

    1
この記事にコメントする

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年3月24日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。