満島ひかり、坂口健太郎らが“アーデンの森”でうごめく官能と性の世界を描く、舞台『お気に召すまま』開幕



満島ひかり、坂口健太郎らが“アーデンの森”でうごめく官能と性の世界を描く、舞台『お気に召すまま』開幕

念入りなリサーチと考察を重ねた上で、ヒラメキに満ちた演劇的仕掛けを劇中にほどこし、優れた実績をあげている気鋭の演出家、熊林弘高。2010年の『おそるべき親たち』で演劇ファンをうならせる手腕を発揮し、2015年の芸術Rootsシリーズ第二弾、清水邦夫作『狂人なおもて往生をとぐ』を手がけた際は、清水作品とは思えないヨーロッパ演劇のような味わいを醸し出すなど、作品を発表するごとにその評価を上げてきた。その熊林弘高が初のシェイクスピア作品となる恋愛喜劇『お気に召すまま』に挑む。

満島ひかり、坂口健太郎らが“アーデンの森”でうごめく官能と性の世界を描く、舞台『お気に召すまま』開幕

今作『お気に召すまま』では、一般的には牧歌的なユートピアと解釈されている物語の舞台“アーデンの森”を、今回は人間のあらゆる性的欲望がうごめく暗闇を解釈し、物語が展開する。森に入っていくヒロイン・ロザリンドの男装、その男爵の麗人に恋の手ほどきを受けるヒーロー・オーランド、さらに、宮殿から追放された公爵たちも、森の中のユートピアではあたかも何のタブーもないように、男色そして獣との交歓までも展開。ジェンダーにとらわれ、性的志向にレッテルを貼りたがる「常識的な思考」に対して、熊林は、演じる者、観る者に問いかける。「あなたは本当に自分の思っているようなあなたですか?」「あなたが愛するのは本当にその人ですか?」と。

そして、その構想を体現する相応しいキャストが揃った。熊林が2016年に演出した『かもめ』に続いて、満島ひかり、坂口健太郎、中嶋朋子、山路和弘、小林勝也と人気実力充実の面々、満島真之介、中村蒼の熊林が信頼をおく若手男優陣も顔を揃える。また、初出演組としては、温水洋一、広岡由里子ら存在感のある個性派や、萩原利久、碓井将大らのフレッシュなメンバーが加わることになった。

“アーデンの森”でうごめく官能と性の世界、シェイクスピアの恋愛喜劇『お気に召すまま』は現在上演中。

満島ひかり、坂口健太郎らが“アーデンの森”でうごめく官能と性の世界を描く、舞台『お気に召すまま』開幕

■ロザリンド役/満島ひかり
これだけ永く愛され、たくさんの国で上演されている戯曲の言葉には、霊感が宿っているのを感じます。自分の内側からのエネルギーが、私たちを刺激している毎日です。劇中ではかなり明け透けに、性的なことや恋することが語られますが、見て聞いている方それぞれにもきっと、違ったどきどきがあると思います(どきっとして欲しい)。

■オーランド役/坂口健太郎
3年ぶり2度目の舞台に、再び熊林さんの演出で立てることをとても嬉しく思います。「かもめ」は初舞台で、何も持たぬまま無邪気に飛び込んでいけましたが、「お気に召すまま」は3年分の変化や成長も見せなければと思っています。性差を超えてさまざまな愛のカタチが描かれる今作、混沌としたアーデンの森で、自分が持っている肉体を、性的に純粋に駆使しながら、オーランドとして生まれてくる感情を大切に演じています。

■演出/熊林弘高
僕が演出を考える前提には、『役者の肉体』が大きくあり、作品と役に正しくはまる役者があって初めてスタートが切れるんです。シェイクスピアを演出するのは初めてです。シェイクスピアは、プロテスタントの時代に、カトリックの生まれなうえ、ゲイだったという説もある。つまり仮面をかぶって生きていた人なんですよね。だからこそ、作中で幾度も「自分とは何者か」と登場人物たちに自問させる。シェイクスピアのどこまでも続く問いかけに、いまわれわれが何を感じ考えたかを提示し、あとは観て下さる方々に委ねるしかありません。お客様には存分に(舞台となっているアーデンの)森の混沌を味わっていただければと思っています。

満島ひかり、坂口健太郎らが“アーデンの森”でうごめく官能と性の世界を描く、舞台『お気に召すまま』開幕

公演概要


『お気に召すまま』

<出演>
満島ひかり 坂口健太郎 満島真之介 温水洋一
荻原利久 碓井将大 テイ龍進 Yuqi(UQiYO) 広岡由里子 久保酎吉
山路和弘 小林勝也 中村 蒼 中嶋朋子

<スタッフ>
作:W・シェイクスピア
翻訳:早船歌江子
ドラマターグ:田丸一宏
演出:熊林弘高

美術:松岡泉 照明:笠原俊幸 音響:長野朋美 衣装:伊藤佐智子
ヘアメイク:鎌田直樹 舞台監督:澁谷壽久

主催・企画制作:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)

■東京公演
7月30日(火)~8月18日(日)東京芸術劇場プレイハウス
S席 8,500円、A席 7,000円
65歳以上(S席)7,500円、25歳以下(A席)4,500円、高校生以下 1,000円
問い合わせ:東京芸術劇場ボックスオフィス(TEL.0570-010-296 / 休館日を除く10:00-19:00)

■ツアー公演
8月22日(木)~25日(日)穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール
8月31日(土)~9月1日(日)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場
9月4日(水)~8日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
9月11日(水)熊本県立劇場 演劇ホール
9月14日(土)~9月15日(日)北九州芸術劇場 中劇場

青年オーランド(坂口健太郎)は、ロザリンド(満島ひかり)と恋に落ちるが、公爵に目をつけられ、実の兄オリバー(満島真之介)に命を狙われて森に逃げる。同じくロザリンドも、おじである公爵に追放されることに。オーランドを追って、従妹で公爵の娘シーリア(中嶋朋子)と、召使のタッチストーン(温水洋一)を伴い森に向かう。

女道中では危険だからと、ロザリンドは男装して“ギャニミート”と名乗る。森で暮らすオーランドはロザリンドのことばかり想っている。そこに“ギャニミート”が登場し、その恋の悩み相談に乗る。ついには「自分をロザリンドだと思って口説いてごらん」と言い、オーランドは、彼がロザリンドと知らずに思いのたけを告白。二人の恋愛ごっこは次第にエスカレートして……。

一方、オーランドを追って森に入ってきたオリバーは、シーリアと出会ってたちまち恋に落ちる。二人は結婚することに……結婚式の日、そろそろ恋のゲームも潮時と名乗りでたロザリンドをオーランドは強く抱きしめる。召使や羊飼いらの恋のさや当てが展開した森で、4組のカップルの結婚式が盛大に執り行われる。



オフィシャルサイト


http://www.geigeki.jp

あわせて読みたい

  • A.B.C-Z五関晃一、初の単独主演舞台『奇子』開幕を前にジャニーさんからのダメ出し明かす

    A.B.C-Z五関晃一、初の単独主演舞台『奇子』開幕を前にジャニーさんからのダメ出し明かす

  • 城田優演出&加藤和樹とダブルキャストで挑む、もう一つの“オペラ座の怪人” ミュージカル『ファントム』

    城田優演出&加藤和樹とダブルキャストで挑む、もう一つの“オペラ座の怪人” ミュージカル『ファントム』

  • 名作少女漫画「ここはグリーン・ウッド」が舞台化  小西成弥&大平峻也が注目の2.5次元舞台を語る

    名作少女漫画「ここはグリーン・ウッド」が舞台化 小西成弥&大平峻也が注目の2.5次元舞台を語る

  • 佐藤流司×仲万美がロミオ×ジュリエットに扮し、激しく共鳴しあう破壊的舞台『R&J』開幕

    佐藤流司×仲万美がロミオ×ジュリエットに扮し、激しく共鳴しあう破壊的舞台『R&J』開幕

  • 気になるキーワード

    1. 満島ひかり Instagram
    2. 満島ひかり ドラマ
    3. 満島ひかり 三浦大知
    満島ひかりのプロフィールを見る
    エキサイトの記事をもっと見る 2019年8月2日の芸能総合記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「満島ひかり + 映画」のおすすめ記事

    「満島ひかり + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

    「満島ひかり + 三浦大知」のおすすめ記事

    「満島ひかり + 三浦大知」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「尾野真千子」のニュース

    次に読みたい関連記事「尾野真千子」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    芸能総合ニュースアクセスランキング

    芸能総合ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら