review

まーちゃん一気に「いだてん」終戦から1959年オリンピック東京招致まで14年間語った40話

NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」も最終回まで残り約1カ月半となった。最終章に入った先週10月27日の第40話では、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」というサブタイトルどおり、第1回で描かれた1964年の東京オリンピック招致に向け大詰めを迎えていた1959年に再び舞台が戻ってきた(冒頭では1961年に脳出血で倒れ、翌年退院して帰宅した古今亭志ん生が出てきたが、これは物語と本筋とどうつながってくるのか)。
まーちゃん一気に「いだてん」終戦から1959年オリンピック東京招致まで14年間語った40話
イラスト/まつもとりえこ

今回は田畑が語った「オリムピック噺」


西ドイツ・ミュンヘンでのIOC総会が2週間後に迫るなか、東京招致の最終スピーチをする予定だった外交官の北原秀雄(岩井秀人)が外務省の運動会で足をけがしてしまう。会話にはまったく支障はないものの、アキレス腱を切った状態でオリンピック招致をするのはどうも具合が悪い。そこでピンチヒッターとして、大会組織委員会の田畑政治(阿部サダヲ)が白羽の矢を立てたのが、元外交官の平沢和重(星野源)だった。平沢は当時、NHKの解説委員としてテレビでニュースをわかりやすく解説し、女性を中心に人気を集めていた。田畑は、平沢が嘉納治五郎(役所広司)の死を看取ったことから代役に立てようとしたのだが、当の平沢は東京オリンピックについて時期尚早として反対していた。

大会組織委員会に呼ばれた平沢は、なぜ時期尚早なのか15分で説明してみせましょうと(テレビのニュース解説の時間がこの分数だった)、まずその理由として「1、対アメリカ問題」「2、スポーツ教育の遅れ」「3、人材不足」「4、交通や宿泊施設の不備」「5、開催国の選手としての実力不足」と5つの問題点をあげる。1については、日本は独立したといってもまだ国内に多くの米軍基地やキャンプが残されていた。また、5についても、たしかに有力なメダル候補はこの時点でいなかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「まーちゃん一気に「いだてん」終戦から1959年オリンピック東京招致まで14年間語った40話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    いつも思ってるのですが大河ドラマ「いだてん」 いいドラマなんです。視聴率が低いのは何でかなぁ?

    17
  • 匿名さん 通報

    毎回内容が濃くて本当に面白いです。「裏オリンピック」については全く知らなかった。

    10
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年11月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。