review

「時効警察はじめました」檀れいがダーツの矢を的から外すのが思わせぶりと言っても過言ではないのだ7話

「時効警察はじめました」檀れいがダーツの矢を的から外すのが思わせぶりと言っても過言ではないのだ7話
イラスト/たけだあや
10月にスタートしたテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「時効警察はじめまして」(一部地域をのぞき夜11時15分〜)も今夜、ついに最終回を迎える。先週11月29日に放送された第7話は小ネタ多めで、2006年と2007年に放送された旧シリーズのテイストを思い起こさせ、ちょっと懐かしさも覚えた。

メガネが重要な鍵を握った第7話


第7話の事件は、いまから25年前、歌手の蝙蝠ユキオ(前野健太)がワンマンライブの開演直前に殺されたというもの。その日、蝙蝠がステージにいつまで経っても現れないので、ライブハウスのオーナーの田端(梶原善)が呼びに行くと、蝙蝠は倒れて死んでいた。遺体を検死したところ、蝙蝠の胸には、つなぐと平行四辺形になる4つの穴状の刺し傷が確認される。また現場には、「犯人はメガネ」という血文字のダイイングメッセージも残されていた。蝙蝠はメガネがトレードマークで、ライブに集まるファンもみんなメガネをかけており、また妻の桃瀬多恵子(檀れい)は、夫の死後、桃瀬メガネというメガネ店を開き、売り出した「開運メガネ」が大ヒット、いまやカリスマ社長だった。

夫婦の馴れ初めは、桃瀬が高知にライブで滞在中にメガネが壊れ、桃瀬の実家のメガネ屋に駆け込んできたときのこと。まだ学生だった桃瀬(もちろんこのドラマの慣例で若き日の彼女も檀が演じている)は、蝙蝠に似合いのメガネをみつくろったのがきっかけに、つき合い始める。

「時効警察」では旧シリーズ以来、主人公の霧山修一朗(オダギリジョー)が日曜日だけはいつもかけているメガネを外していたり(霧山いわく「日曜日もメガネをかけるなんて、イギリス人じゃないんだから」)、毎回事件解決シーンでは霧山が説明する前にやはりメガネを必ず外し、三日月しずか(麻生久美子)に預けたりと、メガネがアイテムとして使われてきたが、ここへ来てついにメガネが事件の重要な鍵を握ることになった。今回、霧山が事件の捜査に乗り出したのも、そもそもは三日月が誤って彼のメガネを壊してしまったのがきっかけだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。