review

「時効警察はじめました」「未来でまた会おう」オダギリジョーに胸キュンだったと言っても過言ではないのだ

「時効警察はじめました」「未来でまた会おう」オダギリジョーに胸キュンだったと言っても過言ではないのだ
イラスト/たけだあや
テレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」(一部地域をのぞき夜11時15分〜)が先週末、12月6日に最終回を迎えた。

12年ぶりに復活した「時効警察」新シリーズでは、霧山修一朗(オダギリジョー)がFBI派遣から帰国して、古巣である総武署の時効管理課に戻り、趣味で時効事件捜査を行なってきたわけだが、最終回ではまたしてもFBIに協力を求められ、アメリカに戻ることになった。

「ハート泥棒の唄」って本当にあるの?


再渡米を前に霧山が最後に取り組んだ時効事件は、24年前にある高校の高飛び込み部のコーチ・祷(いのり/少路勇介)が校舎の屋上から飛び降りて死亡した事件。通常なら自殺か事故で処理されるところだが、ある生徒が数日前に、コーチは死ぬと同級生に“予言”していたため殺人事件として捜査された。雨夜翔太(山崎賢人・崎のつくりは正しくは立に可)というその生徒(じつは祷の甥)は元高飛び込みの選手で、期待の新星と目されていた。しかし、事件の1年前に練習中の事故で心肺停止に陥り、奇跡的に生還したとはいえ、選手生命を断たれた。その代わり、未来が見えるようになったという雨夜は、その後、予言者・スピリチュアル雨夜を名乗り、さまざまな予言をしては次々と的中させていた。

雨夜の予言は、じつは催眠術で相手に暗示をかけ、自分の意図する行動へと誘導するという一種の洗脳によるものだった。相手を暗示させた行動へと導く際には、きっかけとなる言葉や曲などをトリガーとしてあらかじめ用意し、相手の頭に刷り込ませておく。彼はこの術を、事故で入院中、只野(松重豊)という教授から教わった。24年前の事件も、雨夜がこの術を祷コーチに“試しに”かけて起こったものだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「時効警察はじめました」「未来でまた会おう」オダギリジョーに胸キュンだったと言っても過言ではないのだ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    熱海の捜査官について完全スルーな件。このレビュアーは見てないのか?

    4
  • 匿名さん 通報

    コーヒーいれろオイ、です♪

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。