多部未華子『私の家政夫ナギサさん』もやもやもナギサさんの笑顔と「お食事にしましょう」で吹っ飛ぶ特別編
イラスト/ゆいざえもん

すぐに会えたね、『私の家政夫ナギサさん』特別編

メイ(多部未華子)ナギサさん(大森南朋)の結婚エンドを迎えた『私の家政夫ナギサさん』(TBS系 毎週火曜よる10時〜)。夫じゃなくて家政夫のままでもよかった派と夫になってよかった派の意見がきれいに分かれながらも、終わりを惜しむ気持ちは同じ。そこへ特別編のおかわり来た! 

『「私の家政夫ナギサさん」新婚おじキュン!特別編2Hスペシャル!」は、メイとナギサさんたちの後日談少しを全9話の総集編に絡ませながらの2時間。新婚生活1カ月。朝、ささいなことで喧嘩してしまったメイとナギサさん。ふたりの出逢いとここまでの歩みを振り返る形での総集編。視聴率は14.9%

冒頭は、新婚風景。一緒に暮らし始めてから1カ月。お互い、いまだに丁寧語。でも結婚前のほうが優しかったとナギサさんに対してやや不満を感じるメイ。恋愛においても結婚においてもあるある。結婚という現実と恋愛というファンタジーは違う。ましては、仕事で家事をやっていたナギサさんと、夫になったナギサさんとはやはり別だったのか。「潔癖おじさん」「いびきおじさん」「小言おじさん」とメイはぷりぷり。

ナギサさんはメイのHard Rockの目覚ましが苦手。メイはナギサさんのいびきが苦手。ナギサさんはメイに洗濯物の出し方やペットボトルの捨て方などを伝えるが、メイはなかなかできない。たぶん、洗濯するのもゴミ捨てもナギサさんがやる代わりに、せめて作業がしやすいようにメイが歩み寄るべきなのだが、そんなにすぐにはできないメイには共感しかない人も多いのではないだろうか。

ナギサさんはメイさんの生活リズムを乱すようで……と反省を田所(瀬戸康史)に語るが、田所はそれをノロケだと感じる。

田所は最終回で家政夫を雇うようになった。なぜ、田所のもとにも家政婦でなく家政夫? 田所と家政夫・粟野(栗野心平)とは今後、進展があるんだろうか。ちなみに、栗野心平が『ナギサさん』の料理監修をしていた。出てくる料理はみんな美味しそうだったなー。最終回のルーロー飯。点心、春巻き、肉と野菜の炒めものもあって、こんなの毎晩、夕食に食べていたら絶対太る。

この記事の画像

「多部未華子『私の家政夫ナギサさん』もやもやもナギサさんの笑顔と「お食事にしましょう」で吹っ飛ぶ特別編」の画像1 「多部未華子『私の家政夫ナギサさん』もやもやもナギサさんの笑顔と「お食事にしましょう」で吹っ飛ぶ特別編」の画像2