review

長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』秘すれば花――本音を隠す父と息子が示す能の真髄

長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』秘すれば花――本音を隠す父と息子が示す能の真髄
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

要素は多いのにひとつも無駄がない『俺の家の話』3話

「介護にまさかはないんです」(さくら)

【前話レビュー】『俺の家の話』2話 介護・親子関係に悩みを抱える視聴者の救いに

宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演で介護を描く『俺の家の話』(TBS系 毎週金曜よる10時〜)。の第3話は、主人公の観山寿一(長瀬智也)がピンチヒッターでリングに立っている間に、要介護1の父・寿三郎(西田敏行)が倒れ、病院に運び込まれるという、まさかの緊迫の場面からはじまる。

かぶっていたマスク(プロレスの)をとってマスク(感染予防の)に替えて病院に入る寿一を見て、筆者が磯山晶プロデューサーに取材したとき聞いた話を思い出した。

「最初に宮藤君(脚本の宮藤官九郎)の書いた企画書では、介護のために一回引退したレスラーが、介護のうっぷんをマットで晴らそうと覆面レスラーとして復活し、能でもプロレスでも面をかぶっている面白さが主だったんです」
――Yahoo!ニュース 個人より

レスラーのマスクと能の仮面(マスク)の共通点の面白さがあったことがわかるが、そこにニューノーマルとしてのマスクも加わり、3重奏になっているところが『俺の家の話』の厚みになる。

秘すれば花

介護問題と芸能の歴史とプロレスとホームドラマのジャンルミックスで、どこを見ても面白い。さくら(戸田恵梨香)の過去の回想が、最近の連ドラによくある長ぜりふで語られ、視聴者の感情を揺さぶるとき、過去の様子が能(新作能『私の家の話』)で再現されたのも良かった。小劇場演劇ふうでもミュージカルふうでも落語ふうでもなく、鎌倉時代から室町時代にかけて成立した能にまで遡ってしまったのがすごい。これがまた単に、仮面つながりで面白いというだけでなく、能を選んだことに意味があるように感じさせるのである。

能の宗家である父の跡を継ごうと一度はプロレスを引退した寿一は、収入を得るためと、能よりもプロレスが好きだと思い直したことから、能の修業と覆面レスラーとの二重生活を送り始める。いや、家事もいれたらやっぱり3重か。

あわせて読みたい

西田敏行のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「西田敏行」に関する記事

「西田敏行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西田敏行」の記事

次に読みたい「西田敏行」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

俺の家の話

俺の家の話

長瀬智也と宮藤官九郎がTBS連続ドラマで11年ぶりタッグ。“濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ”。長瀬は、ブリザード寿というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一を演じた。TBSにて、2021年1月22日〜3月26日放送。

2021年2月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。