review

長瀬智也『俺の家の話』4話 『あまちゃん』手がけた宮藤官九郎のテンポいい朝ドラ的様式が痛快

長瀬智也『俺の家の話』4話 『あまちゃん』手がけた宮藤官九郎のテンポいい朝ドラ的様式が痛快
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

寿三郎の「死ぬまでにやりたいこと」叶える『俺の家の話』4話

池袋西口公園(ウエストゲートパーク)でダンスの練習をする大州、Good Luck(Google的な検索エンジンの名前として登場)、『ビューティフルライフ』のロケ地めぐりをするさくらと寿三郎(「ちょ、待てよ!」と言う西田敏行)、「逃げるのも才能」と『逃げ恥』的な考え方……となつかしのTBSドラマのパロディが満載だった『俺の家の話』(TBS系 毎週金曜よる10時〜)は話の進行が早い。

【前話レビュー】秘すれば花――本音を隠す父(西田敏行)と息子(長瀬智也)が示す能の真髄

まだ第4話だけれど、重要案件かと思いきや観山家に通ってきているヘルパーのさくら(戸田恵梨香)の後妻業疑惑はすでに解決。寿三郎(西田敏行)が認知症で彼女のことをまだ恋人と思い込んでいるフリをしているだけだったことも、さくらはさっさと寿一(長瀬智也)寿限無(桐谷健太)に報告してしまう。

次男の踊介(永山絢斗)はさくらのことをまだ調べていて、なんだかさくらのことを意識しはじめているらしいが、新たな物語がはじまるかは定かではない。「こんちくしょうめ」というセリフが昭和的。

第4話のメインは、寿三郎のエンディングノートに書かれた「寿限無のおとしまえ」。すなわち、寿限無の出生物語。芸養子だとばかり思っていたら、寿一が女中に手をつけて生まれた子供だった。つまり、観山家と関係なくなかったのだ。世阿弥の精神は「秘すれば花」とはいえ、よく秘したものである(そういう意味ではない)。

ある日、元女中・菅原栄枝(美保純)がやって来た。観山家の番頭だった小池谷(尾美としのり)の妻で、寿限無の母。寿三郎と栄枝の関係をまた新作能「寿限無之落前」として見せる。寿三郎は「夜の人間国宝」とかふざけながら、小池谷に子供と栄枝の面倒を頼んだと告白。

舞「なんだそれ『蒲田行進曲』か」
寿三郎「いや、俺のが先じゃないかな」

ちなみに、『蒲田行進曲』はスター俳優・銀ちゃんの子供を妊娠した小夏を後輩で脇役俳優・ヤスが面倒見ることになるという愛憎話。3人の割り切れない関係が胸を打つ。

出生の秘密を“丹田に落とし込む”寿限無

宗家の血を継ぎ、いままでずっと能をやってきた、ある意味正統派の跡継ぎ候補だった寿限無が、常に影のような存在で、宅配のバイトで食いつないでいた(というか宗家が動けないため観山家のために働いている)という献身に、寿一たちは胸が締め付けられるような顔をする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「あまちゃん」に関する記事

「あまちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あまちゃん」の記事

次に読みたい「あまちゃん」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

俺の家の話

俺の家の話

長瀬智也と宮藤官九郎がTBS連続ドラマで11年ぶりタッグ。“濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ”を描く。長瀬は、ブリザード寿というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一を演じた。TBSにて、2021年1月22日〜3月26日。

2021年2月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。