review

今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由

金ロー「春の2週連続!スタジオジブリ」一週目は『ハウルの動く城』

今週・来週と、日本テレビ『金曜ロードSHOW!』が「春の2週連続!スタジオジブリ」をお届けする。今夜放送するのは宮崎駿監督による『ハウルの動く城』。過去に『ハウルの動く城』について執筆した、ライターたまごまご氏のレビューを改めてお届けする(2015年10月掲載時のまま再掲)。

【関連記事】『崖の上のポニョ』宮崎駿は何をやりたかったのか

今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由

『ハウルの動く城』ハウルが木村拓哉の声でなければならない理由

『ハウルの動く城』は、「わかりづらい」と言われることの多い作品。これについて、「荒地の魔女」役の美輪明宏は、ロマンアルバムのインタビューで述べています。

「ひとつひとつ『あれはおかしい』とかいう人もいらっしゃると思いますが、ジャン・コクトーが『この作品はただ感じてもらえればいい』と申しましたように、見る人のボキャブラリーや許容力に預けてある作品なんです」

以後、『崖の上のポニョ』『風立ちぬ』と、観た人の感覚に委ねられる作品を、宮崎駿は作ります。

この映画で、特に見る人の解釈に委ねられているのは、ソフィーが年をとったり若返ったりするシーン。本来は荒地の魔女に呪いをかけられているので、若い姿に戻るわけがない。じゃあなんで随所で戻るの?

今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由

ヒントになるのは、ソフィーのセリフ。

「あたしなんか、美しかったことなんか一度もないわ!」
「わたしきれいでもないし、掃除くらいしかできないから」

若返った状態から、スゥッと老婆の姿に戻ります。

年齢がころころ変わるソフィー。若い姿、老婆の姿。どちらも演じるのは、当時63歳の倍賞千恵子

ソフィーはとにかく容姿に自信がない。けれども映画の中の老婆姿のソフィーに対し、ハウルもマルクルも、魅力を感じています。若いことが美しさ、ではない。だから少女の声は、老婆側を演じる人の声じゃないといけない。

今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由

ハウルを演じるのは木村拓哉。木村拓哉が演じたキャラクターはみんな「キムタク」になる、と言われることがあります。2014年の27時間テレビ内、SMAP解散ネタのドラマで、彼は常に「キムタク」であり続けました。

賛否両論「27時間テレビ」SMAPドラマを振り返る。中居と木村のここが怖かった - エキレビ!

また『HERO』制作発表では濱田岳が「とにかくめちゃめちゃカッコいいんですよ。常にずっとカッコいい」と述べました。

今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由

この記事の画像

「今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由」の画像1 「今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由」の画像2 「今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由」の画像3 「今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由」の画像4
「今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由」の画像5 「今夜金ロー『ハウルの動く城』木村拓哉の声でなければならない理由」の画像6
編集部おすすめ

あわせて読みたい

木村拓哉のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「木村拓哉」に関する記事

「木村拓哉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「木村拓哉」の記事

次に読みたい「木村拓哉」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク