ずばっ。ポニョ大好きー。
2015年2/13よる9時から、日本テレビ系列で『崖の上のポニョ』が放送。
『崖の上のポニョ』のデタラメっぷりに圧倒されて、もう少し釈然としたいという人のために「結局なんだったの?」という疑問につきあうQ&A。


Q1:なんか滅茶苦茶な話だったんだけど!?
A1:
たしかに、滅茶苦茶な展開だ。人面魚が男の子と出会って、手と足がにょきと伸びて、お父さんは悪い魔法使いで、連れ戻されて、また逃げて、男の子と再開したけど、大洪水で世界が水浸しで、わーん。
宮崎駿劇場初監督作品は『カリオストロの城』だ。この時、宮崎監督は“一種の頭の遊び”のように構成を綿密に組み立てた。
が、“この方法を続けると、仕事に頽廃が生まれると感じ”、新しい方法論を試行錯誤しはじめた。
全体の構成を組み立てて絵コンテを描くのではなくて、絵コンテを作りながら物語を生み出していく。
ロバート・ホワイティングとの対話で、宮崎駿は、作り方をこう語っている。
“どこへたどり着くか、わからないけれど、出かけてみるしかない。そういうふうに、スタッフへ言いました。スリリングすぎて辛いですけども、全部見通すまで、ひたすら歩き続ける”(『ジブリの森とポニョの海』

Q2:だから話の理屈が通ってないの?
A2:“理屈が通ってるのが好きだっていう人たちはいるんですよ。その人たちは映画を観なくてもいいと思うんだけどね、僕は(笑)”(「CUT No.234」