『おかえりモネ』第20週「気象予報士に何ができる?」

第98回〈9月29日(水)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

『おかえりモネ』第98回「きれいごとにしか聞こえないわ」百音を突き放した亮の心情を考える
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第99回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


2019年11月5日、百音(清原果耶)が初めてコミュニティFMで天気予報をはじめた。みんながあたたかく百音を歓迎してくれるかと思いきや、亮(永瀬廉)は百音の帰って来た理由を「きれいごとにしか聞こえないわ」と一刀両断にする。数年前の確執(百音がすがる亮を受け入れなかったこと・第79回)がまだ残っているのか、ひやひやした瞬間だった。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第98回掲載中)

なつかしいアメパト

コミュニティFMで百音がかけた曲は「アメリカン・パトロール」。悠人(高田彪我)三生(前田航基)耕治(内野聖陽)もまず曲に反応する。それは中学時代、百音が結成した吹奏楽部で演奏した思い出の曲だったから。この頃の百音は明るかった。まだ震災前で、未来は根拠なく開けていた。

その時の曲をかけるということは百音が初心に戻ったということだろうか。百音はたまたまCDがあって懐かしかったからと相変わらず言い方が控えめ。それでも、悠人も三生(すっかり僧侶の格好が板について貫禄すらある)も未知(蒔田彩珠)もうれしい。夜、百音の家に集まってひとしきり盛り上がる。ちなみに三生の「般若心経はテクノだよ」は名台詞だった。

百音の天気予報は一生懸命なあまりにきめ細かく、あまりに長くなって、小山(佃典彦)に「もう少し楽しい話題もお願いします」とたしなめられる。百音は東京で気象予報をはじめた時も海の危険を伝えてばかりいて、子供が海を怖がるというご意見をもらっていた。

また同じことを繰り返しているわけだが、東京の3年間はなんだったのか。いやいや、『モネ』の世界ではゆっくりと少しずつ前に進めばいいと何度も繰り返し語られているから良いのである。

未知と亮

第98回の見せ場は亮と未知。未知が亮を迎えに行くと、残された三生と悠人と百音は、未知と亮の関係について話題にする。百音は「いい感じ」と考えるが、悠人は「微妙」と迷っている。とそこへふたりが帰って来る。並んだふたりはあきらかに距離が近くなっているのだが、付き合っているかははっきりしない。

蒔田と永瀬の演技がおそらくその「微妙」さを表現するためにお互いに気やすくならないようにやや不自然なまでに一定の距離を保っているようなところが絶妙だ。

人間は仲良くなると自然にかすかに触れ合ったり重心を相手に寄せていったりするようなところがあることに思い当たる人も少なくないだろう。未知と亮は互いの重力に引っ張られないように気を使っているように見える。並ぶ距離は近いのに全然触れ合わず、体も傾かず、まっすぐ立っている雰囲気が、磁石がある一定の距離までは引き寄せられそうで引き寄せられない、でも何かのきっかけで一気に近づくような、ちりちりした緊張感に近い。

おそらくふたりの俳優は意識的に演じているのだろう。でも未知は酒が強くていつも潰されると亮が言うとか、亮が船を買うことを未知が先に言いたそうな感じとか「最後泣くか怒るかどっちか」「うそだよそんな」「ほら怒った」「うるさいなあ」とか言葉尻が明らかに親しい感じは隠しようがない。

『おかえりモネ』第98回「きれいごとにしか聞こえないわ」百音を突き放した亮の心情を考える
写真提供/NHK

注目はここからだ。百音が亮と未知の関係を微笑ましく見ていることに気づいたかのように、亮はふいに「なんで帰って来たの?」と話題を変える。仕事も結婚も順調ながらあえて地元のために戻ることを「きれいごとにしか聞こえないわ」とまで言うのだ。すぐに「嫉妬して当たっているみたいに思われたらかっこ悪いな」と撤回しつつもその突き放した感じは本気で……。

百音の行動を外側から冷静に見る役割は東京編では莉子(今田美桜)だった。彼女は百音のやっていることを「人のためじゃなくて自分のため」だと指摘した(第57回)。さらに翻れば、菅波(坂口健太郎)が「あなたのおかげで助かりました」という言葉は真に受けてはいけないと麻薬に例えて言っていた(第10回)


この記事の画像

「『おかえりモネ』第98回「きれいごとにしか聞こえないわ」百音を突き放した亮の心情を考える」の画像1 「『おかえりモネ』第98回「きれいごとにしか聞こえないわ」百音を突き放した亮の心情を考える」の画像2 「『おかえりモネ』第98回「きれいごとにしか聞こえないわ」百音を突き放した亮の心情を考える」の画像3