『おかえりモネ』第20週「気象予報士に何ができる?」

第96回〈9月27日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:一木正恵〉

『おかえりモネ』第96回 朝岡、百音に「またすぐ一緒に」「同じ空の下ですから」カッコいいこと言う
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第97回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


百音(清原果耶)は実家に手紙を書く。いつもスマホで通話ないしメールして頻繁にやりとりしているのにあえての手紙。強い決意と地元や実家への思慕を“手紙”形式で伝えることで特別感が増した。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第96回掲載中)

「もうやめて、しみじみするの」

百音が帰ってくると知った耕治(内野聖陽)が百音の部屋の掃除をしようとすると龍己(藤竜也)が「ほごり立てんなって」とたしなめる。

耕治はなにかとあたふたする性格だからいてもたってもいられない気持ちを行動に表してしまうのはわかる。龍己の「埃立てるな」は額面通りの意味かもしれないし、騒いで大事にすることなくごく当たり前に迎えようという意味かもしれない。龍己はいつだって冷静で、ことを荒立てない。

百音が家を出たことは永浦家の中で震災に次ぐ最大心配事項であろう。とはいえ、お正月などには戻って来ているし、やりとりはあるので完全に切れている関係ではない。だが、表層的に穏やかながら触れることのできない何かがある。

龍己は耕治に酒をすすめる。息子の気持ちを鎮めようと思ってのことであろう。背後のキャビネットにはあの日大盤振る舞いした高級ブランデーの瓶がまた飾ってある。

耕治は「東京のいげ好かねえ医者とうまぐやってんだろぐらいに思ってだのになあ?」と悪ぶる。本当はすごく嬉しくてたまらないのがよくわかる。まったく嘘のつけない人物である。それにしても「いげ好かねえ」とは菅波先生(坂口健太郎)をそんなふうに言うなんて可哀相に……と気の毒に視聴者が思ったであろう途端、未知(蒔田彩珠)が代弁するように見事にツッコミを入れた。

その未知と百音に何かあるとわかっている耕治と亜哉子(鈴木京香)と龍己。未知が姉の帰りを許可していることを知ってホッとする。「もうやめて、しみじみするの」と照れる未知。家族4人の不在だった長女の帰還を歓迎することで、一瞬ひとつに通い合ったいいシーンであった。「そんな歌(しみじみ)あったな」と龍己が言うのは八代亜紀の「舟歌」。思い出を肴にしみじみ飲む歌である。

『おかえりモネ』第96回 朝岡、百音に「またすぐ一緒に」「同じ空の下ですから」カッコいいこと言う
写真提供/NHK

百音の門出

最終出勤の日、百音はお団子ヘアで大人になった感じ。同じ日、莉子(今田美桜)が仙台中央放送局で報道キャスターとして帯番組を担当することが発表される。沢渡(玉置玲央)が花束をどちらに渡すか迷って百音に。

莉子はまだ任期があって(来年の1月から仙台)、この日辞めるのは百音。なんでこんなふうにややこしい挨拶の仕方を高村(高岡早紀)がしたのかはよくわからない。番組の中で「今日で最後です」と視聴者たちにも挨拶するシーンも見たかったが、百音にとっては地元に戻るほうにプライオリティを置いているようである。

百音におつかれさまでしたと頭を下げた時の高村が目線を決して落とさず、カメラを意識しているところがプロっぽかった。朝岡(西島秀俊)は百音に「またすぐ一緒に仕事するでしょう」「同じ空の下ですから」とカッコいいことを言う。

帰宅した百音は明日美(恒松祐里)と語り合う。「私は今好きな人のそばにいる。それがいちばん大切なことだって本気で思っているからさ」と言う明日美は内田(清水尋也)とうまくいっている。


この記事の画像

「『おかえりモネ』第96回 朝岡、百音に「またすぐ一緒に」「同じ空の下ですから」カッコいいこと言う」の画像1 「『おかえりモネ』第96回 朝岡、百音に「またすぐ一緒に」「同じ空の下ですから」カッコいいこと言う」の画像2 「『おかえりモネ』第96回 朝岡、百音に「またすぐ一緒に」「同じ空の下ですから」カッコいいこと言う」の画像3