review

We♡SMAP #7|ツアー先でSMAP勢揃い「一緒に飲もうよー」5人で飲んだ思い出語った1997年


ずっとSMAPが好き♡ SMAP特集

1997年のリリースは、シングル作品3枚。2月26日「ダイナマイト」、5月14日「セロリ」、9月26日「Peace!」。アルバム作品は1枚、8月6日「SMAP 011 ス」

【前回レビュー】We♡SMAP #6|『SMAP×SMAP』スタート&森且行が脱退 1996年のSMAP

1997年のスタートはSMAP5人が出演したドラマ『僕が僕であるために』

1月3日にフジテレビ系列で5人が出演したドラマ『僕が僕であるために』放送。物語は、高校時代の駅伝部5人の6年後を描いた青春群像劇。

駅伝部時代は主将を務め、社会に出ても実業団で走る唯一の現役ランナー・成瀬隼人役に中居正広木村拓哉演じる黒澤力は、同棲中の恋人・津田夏美(鶴田真由)の援助を受けながら暮らすモデルのスカウトマン。稲垣吾郎は医大生の木下正己役。医師家系に生まれ裏金で医大に入学した。香取慎吾は今で言う“Fラン”大学の4年生・小津悟役。そしてこのドラマのキーパーソンとして紹介されていたのが草なぎ剛。信用金庫に勤める溝口悦郎役を演じた。

『JUNON』1997年2月号では5人が登場。1人につき1ページを使ったインタビューが掲載された。SMAP結成から8年半、毎年恒例だった元旦コンサートを行わず、ドラマが放送されたことについて「それは今、時代のトップを走っている彼らだからこそできる新しいチャレンジなのかもしれない」と綴っている。

中居はこのドラマでの木村との絡みについて「気分的には新鮮だよね(笑)」。「今回、木村くんと芝居をすることで、また新しい何かが見えてくるといいなって思ってるんだよね」。

成瀬は力と同棲する夏美を好きになってしまう役どころ。5人を描くと共に恋愛物語も同時並行する。恋愛物語が苦手だという中居。セリフの一部を例に挙げ、「『ウチに泊まっていけよ』だよ。ちょっとエッチじゃない?(笑) こういうことを女の人に言うのはすごく恥ずかしい」。

木村は今回、5人が演じる役どころについて、「素のキャラクターに似ているように思われがちなのかもしれない。けど、それだったら、ドラマにする必要はないわけで。SMAPのドキュメントを撮ったほうがよっぽどおもしろんだからさ」。

言葉尻や口調などを監督らと話し合って決めるなど、徹底した役作りを行ったという。台本を読んでイメージしたのは、六本木アマンド前にいそうな“おニイちゃん”なんだとか。誌面には長髪姿の木村。スカウトマンのイメージにぴったりだった。

「最近、医者づいてるんだよね」と稲垣吾郎。前年秋のドラマ、映画『パラサイト・イヴ』でも医者の役。前髪を右に大きく流したヘアスタイル、タートルネックのニットにジャケットを合わせたコーデがなんとも医大生らしい。

草なぎは木村について「ドラマに入ってから超こえーの(笑)。待ち時間とか、あんま、僕と口きいてくんないし。バラエティのときとは全然違うんだよ」と“力”に入り込んでいたとある。「そういう木村くんを見てると、自然とこっちの気持ちも引きしまってきたよ」。

悦郎が声をかけるけれど、力だけ集まらない。香取はストーリーを踏まえて「もしも実際の僕に、そういう友達がいたら、ソイツの家まで行って、手ぇ引っ張って連れてくるだろうね」。

当時の中居はSMAPについて「兄弟でもなければ家族でもない、仕事仲間でも、遊び仲間でもない。“じゃあ、何ですか”って聞かれたら、“メンバーです”って答えるしかないんだけどね」。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「SMAP×SMAP」に関する記事

「SMAP×SMAP」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

We Love SMAP

We Love SMAP

1991年9月9日。中居正広、木村拓哉、森且行、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾で結成されたSMAPが1stシングル『Can't Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。結成30周年を記念して、全19回でお届けする SMAP特集。

お買いものリンク