review

We♡SMAP #3|19歳の森且行がレーサーになる夢を語っていた1993年のSMAP


ずっとSMAPが好き♡ SMAP特集

1993年のSMAP。3月3日にシングル「ずっと忘れない」を皮切りに、6月6日に「はじめての夏」、9月9日に「君は君だよ」、11月11日「$10」と、5thシングル「笑顔のゲンキ」から続くゾロ目のリリース。アルバムも1月1日に「SMAP 003」、7月7日に「SMAP 004」と発売日にこだわりがうかがえる。

【前回レビュー】We♡SMAP #2|チョコ140トン、『夢がMORI MORI』スタート!1992年のSMAP

ジャケ写に見るSMAPの変化

92年3月リリースの「心の鏡」、同年7月の「負けるなBaby! 〜Never give up」の作曲は筒美京平。負けるな~の編曲にCHOKKAKUを迎えた。CHOKKAKUはSMAPをはじめ、V6から2018年デビューのKing & Princeまで数々の編曲を手掛けている。

「SMAP 003」のジャケ写は6人がカラフルなジャンプスーツ姿。稲垣吾郎はフルフェイスのヘルメットを持ち、森且行草なぎ剛は背面の大きなパラシュートから繋がるロープを束ねて担いでいる。ピンクやブルー、イエローと眩しいくらいの鮮やかな衣装で、SMAPの名前の由来を思わせるスポーティーな雰囲気だ。

「The Theme of 003」は、靴の音から叫び声、サイレン、不気味な笑い声……ストリングスの上質な音を合わせたミュージカルのような構成。続いて、「Scarface Groove」とHIP HOPへとがらりとジャンルを変える。シンセサイザーの音が印象的な「いますぐ天気にしておくれ」。誰もがリズムをとりやすい「Happy Birthday」へと続く。ユニゾンがかわいい、そしてとにかく声が若い!

ユニット曲も豊富で、木村拓哉、稲垣吾郎、森且行「Cry」。カップルの別れをテーマにしたバラード。スローなテンポも相まってソロパートが際立つ。森が優しい声で包むようにして歌い、木村はクリアで伸びやかなクールボイス、稲垣は声が今よりも高めで可愛らしい。

香取慎吾、草なぎ剛の「言わなきゃわからない」はユニゾンを多めに、手を引いてデートに誘い出すような明るい雰囲気の楽曲。“しんつよ”らしい元気がもらえる曲。「うまくいかない」木村と香取。香取の声が若くて瑞々しい。“お兄ちゃんと弟”感も感じられる。

中居正広はソロで、年下男性の恋心を歌った「悲しくて眠れない」。まっすぐに相手を思う誠実さが伝わる透明感のある声で聴かせる。

そして、7月7日リリースの「SMAP 004」。SMAPの明らかな変化はアルバムジャケットにも表れている。6人がアイドルスマイルで映る「SMAP 003」から大きく路線を変更。「SMAP 004」はアメコミ風にSMAPのロゴを全面に打ち出したデザイン。CDに封入の小さな折りたたみリーフレットを開いてようやく6人の顔を見ることができる。大胆な舵切りで、随分とオシャレな雰囲気。一気にあか抜けた。

「ポケットに青春のFUN FUN FUN」。元気いっぱいファンキーなアップテンポの楽曲からスタート。本作の特徴はメンバー6人のソロ曲。森の「永遠に抱きしめたい」のバラードもあれば、草なぎはちょっとクールに「5月の風を抱きしめて」、香取の笑顔が浮かぶ「日曜日のアニキの役」、稲垣はいまに続く情景描写が美しい「September Rain」を雰囲気たっぷりに。木村は重厚なギターリフが印象的な「こんなに僕を切なくさせてるのに」を力強いボーカルで。中居は「泣きたい気持ち」。イントロからこれまた繊細なスイートボイスで惹きつける。

そして10thシングル「$10」を11月11日にリリース。このあたりからSMAPの音楽はアイドル路線から脱皮し、消費されない音楽を目指したのだろう。SMAPを印象付ける曲の一つとしていまなお耳にする代表曲になった。

19歳の森且行インタビュー

●「JUNON」1993年5月号
1992年8月号からスタートしたSMAPのソロインタビュー。初回の木村、10月号に香取。そして93年5月に森が登場した。

タートルネックのインナーにシャツ、そして厚めのブルゾンを羽織ったスタイルに、日焼けした肌で映る森。写真集の撮影で、ロス、ラスベガス、アリゾナ、ハワイを回ってきたという。10日間で7回飛行機に乗り、10日間ずっと時差ボケ。その間考えていたのは仕事のこと。

「今まで5年仕事してきたけど、まだ僕は“自分にはこれが本当に合ってるんだ”っていうものが見つけられてないなあ、とか。歌にしろ、お芝居にしろ、やっててすごく楽しいし、好きなんだけど、でも本当に合ってるかどうかは自分でもわかんないんだ」。
だからできるだけ多くの経験を積んで、その中からコレだというものを探せたらと続ける。

「僕の中の理想のカッコイイ男っていうのはね、“いつも自分らしく生きられる男”なの。自分の好きなことだけして、好きな仕事して、自由に生きる。人にしばられず、自分に責任持って自分で決める。妥協しないで、中途半端生きてない男」。

海が好きでサーフィンに没頭したこと、高校時代は学校にサーフボードを持って登校し、授業に3時間だけ出て抜け出し、湘南の海へ行ったとも。自分にとことん向き合っていた19歳当時の森。アイドルや俳優が多数登場する雑誌のインタビューでも、飾らず、媚びず、赤裸々に語っている。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

We Love SMAP

We Love SMAP

1991年9月9日。中居正広、木村拓哉、森且行、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾で結成されたSMAPが1stシングル『Can't Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。結成30周年を記念して、全19回でお届けする SMAP特集。

お買いものリンク