review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』演出・橋爪紳一朗氏いわく、第5週は「安子のシングルマザー奮闘記」

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第5週「1946〜1948」

第24回〈12月2日(木)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第25回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜24回掲載中)

稔とるい

第5週の演出担当の橋爪紳一朗さんは第5週を「安子のシングルマザー奮闘記』と語る。

「3週まではある種オーソドックスなラブストーリーでしたが、4週でこれまで積み上げてきたものを壊し、今まで10あったものを5にしたところから新たに安子編の後半に突入しようと考えました」

奮闘には苦あれば楽ありだが、24回では報われることが描かれている。

「おいしゅうなれ おいしゅうなれ  おいしゅうなれ」

いよいよ小豆でおはぎを作るようになった安子(上白石萌音)るい(中野翆咲)が良い香りで目覚めるようになった。安子の少女時代と同じである。そして菓子司「たちばな」がささやかながら復活し、るいもお手伝いする。

どこかから聞こえてくるラジオのニュース。7年ぶりに甲子園が復活するとの報せに、安子は勇(村上虹郎)を思い出す。勇は野球を取り戻すことができただろうか。

安子は勇の自己犠牲によって娘とふたり和菓子屋をやっていられるのだ。さらに安子は儲けを倹約してラジオを買うこともできた。物置を改装した自宅にラジオを置いて、夕方6時30分になるとるいとふたりで「カムカム英語」を訊く。主題曲を歌いながら。

娘、お菓子、ラジオと英語、彼女の愛するものをその手に掴み取っている安子。だが安子が本当に欲しかったものがない。それは――稔(松村北斗)のいる世界である。

『カムカム英語』で「日本人のありふれた日常」が語られるのを聞きながら、その情景に稔とるいの姿を重ねて想像する安子。ラジオ体操のアニメ絵も稔とるいに見えてくる。

『カムカム英語』を筆者は聞いたことはないが、戦後、ありふれた日本人の日常を英語で語ることは、生き直すことだったのかなと感じる。失われた日常を取り戻すこと、かつ、日本と戦っていたアメリカの言葉でそれを語り直すこと。それによってかけがえのないものを改めて自覚すると同時に、アメリカと共生していく新しい日常がはじまる。

ラジオを聞きながらうつむく安子に「お母さん、どないしたん。哀しいの?」とるいが訊くが安子はるいを抱きしめる。そして一緒に『カムカムエヴリバディ』を歌う。本当に大事なものはもうないけれど、残されたものを大切にして生きていく安子。

よもぎ団子

安子のやってきたことが報われていく。おはぎの評判を聞きつけて、住吉の岡野商店の人がおはぎをおろしてほしいと訪ねて来た。はじめての大口の注文。はりきって歩いて届けに行ったら、すごく遠くて大変なことに。でも約束の時間に間に合わなくて契約破棄みたいな哀しい話にははならなくてホッとした。

この回は冒頭に百合、途中で野の花と、花がやさしく安子とるいを彩っている。

大八車を借りたのか購入したかして、配達に励む安子。稔に教わった自転車が役立った。道端でよもぎをみつけ、よもぎ団子にてんぷら。ささやかな幸せ。よもぎの天ぷら、食べたい。

小椋のおばさん、くま(若井みどり)も安子のおはぎが大好きで、安子は毎月の家賃をはらうときにいつもおはぎを持参していた。るいのことを「お父さんにそっくりやなあ」と目を細める。

父のことを知らないるいに、稔のことを語って聞かせる安子。「るいの名前に夢を託したんじゃ」と稔の言っていたことをるいに語って聞かせる。「ひなたの道を歩いてほしい」。このまま、ひなたの道を、美しい自然に囲まれて生きていけるかと思ったら、そこに現れたのは――。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』演出・橋爪紳一朗氏いわく、第5週は「安子のシングルマザー奮闘記」」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』演出・橋爪紳一朗氏いわく、第5週は「安子のシングルマザー奮闘記」」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク