review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第23回 安子と「カムカム英語」が出会う 朝ドラ名物・立ち聞きの役割は

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第5週「1946〜1948」

第23回〈12月1日(水)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第23回 安子と「カムカム英語」が出会う 朝ドラ名物・立ち聞きの役割は
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第24回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


朝ドラ名物・立ち聞き応用編

安子(上白石萌音)は毎日午後6時30分になると、塀越しにラジオ番組「カムカム英語」こと『英語会話』を立ち聞きしはじめる。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜23回掲載中)

「立ち聞き」は朝ドラあるあるのひとつである。登場人物が知り得ない重要な情報を偶発的に知る手立てとして手っ取り早い方法で、朝ドラではたいてい誰かが立ち聞きすることで話が動く。そういうお役立ちのアクションだ。戦前戦後の襖で仕切った木造の和風建築がまだ主流だった時代だったから可能であり、現代のコンクリートでドアの洋風建築では立ち聞きは難しい。「立ち聞き」は時代を表すアクションでもあるのだ。

第23回で安子が外で偶然、ラジオから聞こえてくる『英語会話』を立ち聞きできるのも、防音が行き届いてない昔ながらの建築だからであろう。朝ドラ名物「立ち聞き」がこんなふうに生かされていると思うと楽しくなってくる。平川唯一(さだまさし)が「小さい赤ちゃんが――」というときに安子が背中のるいを見るところも細やかだ。

大阪で自立するため芋飴を作って売っていた安子は住宅街でたまたま「カムカム英語」の第1回を聞いて心惹かれる。主題歌が子供の頃に歌っていた「証城寺の狸囃子」だったことと、平川唯一のあたたかい声が魅力的だったのだ。

平川役はさだまさし。昔からラジオのパーソナリティをやっていて、人気を博している。落語もやっているからこその話術で、ライブでのMCの面白さにも定評がある。やさしくあたかかく、それでいて言葉が粒立って聞きやすい。そんな語りが、安子をはじめとして日本全国の人たちが聞き入る声を演じるにはぴったりだ。あくまで声だけ、姿は見せない。見せてしまうといかにも“さだまさし”だろうから声だけのほうがいい気がした。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第23回 安子と「カムカム英語」が出会う 朝ドラ名物・立ち聞きの役割は
写真提供/NHK

それにしてもさだまさし、大ヒットメーカーにもかかわらず、朝ドラの主題歌をまだ手掛けていない。これがちょっと意外だが、長寿シリーズドラマ『北の国から』の主題曲のイメージが強すぎるのだろうか。


るいがしゃべった

15分という短い時間、新聞を読むことをやめて、お皿を洗うことを止めて、ラジオを聞いて……というのは朝ドラのコンセプトともつながっているように感じる。『エール』(2019年)でもラジオドラマが朝ドラの原点のように感じたが、ラジオドラマをさらに遡るとこういうラジオ番組が存在するわけだ。

この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第23回 安子と「カムカム英語」が出会う 朝ドラ名物・立ち聞きの役割は」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第23回 安子と「カムカム英語」が出会う 朝ドラ名物・立ち聞きの役割は」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK朝ドラ第105作目。ラジオ英語講座とあんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~2022年4月8日放送。

お買いものリンク