review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22回『小公女』的な没落ヒロイン展開 そこに流れてきた懐かしのあの曲

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第5週「1946〜1948」

第22回〈11月30日(火)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第23回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


安子、大阪へ

再婚を進められる安子(上白石萌音)を見かねた勇(村上虹郎)が夜中にそっとやって来て、るいとふたりで「朝一番の汽車で岡山を出るんだ」とお金を手渡す。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜22回掲載中)

さっそく旅立つ安子。決断が早い。

「困ったら帰ってくればいい。そのときはわしがおまえをもらってやらあ」と冗談とも本気ともつかない調子で言う勇。そのセリフを受けて、小さく微笑む安子は、すっかり妻として母として、家族を失った者として、多くの経験を礎にして先に進んでいる。

安子がるいと共に消えたことを知り、「孫がさらわれた」と美都里(YOU)が警察に届けると大騒ぎすると、「かあさんのそういう態度がみんなを追い詰めてることがわからんのか」と言いにくいことをきっぱり言う勇。彼自身、相当、追い詰められているのだろう。

順を追うと、まず彼女のメンタルが千吉(段田安則)を追い詰め、それが勇にも及んでいる。家族が家族を大事にしようとすればするほどうまくいかなくなっていく悲劇である。ものすごく温かく結束の固かった橘家とは違ってどこか冷えている雉真家。切ない。

勇は野球も安子も素敵な家族も手に入らない。にもかかわらず、彼は悲壮感を出すことなく耐え続けている。本当に強い人である。村上虹郎のこの清らかな強さはどこから出てくるのだろう。

ものすごく温かく結束の固かった橘家は戦争でなくなってしまった。安子はるいとふたり、サヴァイブする。「コートをつかんで 帽子をとって 心配ごとは玄関に置いて」と稔(松村北斗)の『オン・ザ・サニーサイド・オブ・ザ・ストリート』の歌詞の朗読を思い浮かべる安子。

「幸せな君の足音」には第2話の駆ける安子を思い出す。家族に囲まれ、お菓子の匂いに包まれ、あの幸福だった少女時代。こんなふうに『カムカム』を観ていると原風景の大切さを感じる。時間は不可逆で、けして元には戻らず進んでいくしかないけれど、大切なものは置き去りにしないで持ち続けていくことの大切さ。何が人を幸福にするか。その根本は常に持ち続けること。

安子、カムカム英語と出会う

岡山を出た安子は大阪、それも稔が下宿生活を送っていた場所へ向かう。

おしゃべりなおぐら荘の小椋(若井みどり)は健在で、鈴木は結婚したが、相変わらず女性問題を抱えていることをおしゃべりする。安子は小椋から物置を借りる。「生きるだけで必死やねん。だあれも助けてくれへんで」と小椋は安子に釘を刺す。

婚家を出て、たったひとりで娘のるいを守っていかないといけない日々。ふりかかる困難の数々の中で、小椋のおばちゃんの存在にはくすりとなって、少しだけほっとできた。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22回『小公女』的な没落ヒロイン展開 そこに流れてきた懐かしのあの曲」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第22回『小公女』的な没落ヒロイン展開 そこに流れてきた懐かしのあの曲」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク