朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第1週「1925-1939」

第2回〈11月2日(火)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第2回 ぐつぐつ小豆、子役の頬、上白石萌音の白い足 “ふっくら”は幸せ
写真提供/NHK
※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第3回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせしています


ふっくら幸せな空気

幸せを感じる言葉といえば? と問いたとき「ふっくら」という言葉も脳裏に浮かぶのではないだろうか。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜2回掲載中)

『カムカムエヴリバディ』第2回の冒頭は「ふっくら」という言葉が浮かんできた。小豆を煮ている丸い鍋に「EPISODE 002連続テレビ小説」とテロップが出て、寝ている橘安子(子役:網本唯舞葵)のふっくらした頬が印象的なアップ。

起きて階下に下りると再び、小豆。ぐつぐつと煮立つ音。「おいしゅうなれ。おいしゅうなれ。おいしゅうなれ」と唱えながら小豆を煮る杵太郎(大和田伸也)。ふっくらしてあたたかな甘い香りが漂ってきそうだった。これが橘家の朝の風景。今で言うモーニングルーティーン。

夜、仕事が終わると、杵太郎が買ったラジオを家族と従業員がそろって聞いて腹を抱えて笑っている。流れてくるのは人気漫才師:エンタツ・アチャコの漫才「早慶戦」。声は中川家が担当していて、「あさイチ」で博多華丸大吉が反応していた。

ラジオを聞きながらのおやつは算太(濱田岳)が作った大福。あんこがはみだしていて不格好であることを指摘されると、算太は反論する。

算太「ん〜ん〜軍隊じゃねえんじゃからそねん足並みそろえんでも」
金太「なんじゃと」
算太「人間だってちょっとはみ出すぐれえが味があろうが」
金太「そ…」
菊井「名言なだけに、始末が悪いな」

こんな気の利いた会話にアチャコの「あほう! 早慶戦になんで法政が出るんや」がかぶさる。世の中の常識からはみ出たことはとがめられがち。第1話から薄々わかってはいたことで、算太は菓子職人の跡継ぎという立ち位置からはみだしている。菓子づくりには興味がなく、小豆を煮る秘訣を杵太郎が伝授している時もひとり立ったままうとうとしていた。

菓子作りよりも映画(活動写真)が好き。桃山剣之介(尾上菊之助)を観て興味を持つ。「桃から生まれた剣之介」のキャッチコピーの新人俳優に対して算太は「優男」「阪妻やアラカン(当時のスター俳優たち)にはなれん」と批評する。算太も菓子屋としては杵太郎にも金太(甲本雅裕)にもなれそうにない。剣之介をどこか自分と重ねているのではないだろうか。

一方、安子はお菓子作りに興味がある。でも厨房には入れないので庭で泥おだんごを作って遊ぶ日々。女性が家業を継ぐことはこの時代、まったく考えられていない。安子が店番していると、友人で豆腐屋の娘・きぬちゃんには、好きな人のところにお嫁にいけるからいいなあと羨ましがられる。彼女は婿をとって豆腐屋を継ぐ宿命にあるらしい。

「好きな人?」安子が首をかしげたところに、少年たちが「たちばな」の店舗に乱入してくる。雉真勇(藤原詩音)がいさましく野球のポーズをしている姿をちらと見る安子。この雉真勇はのちに村上虹郎が演じるのだが、この時の安子のちら見が意味をもつ日がくるだろうか。

おはぎのダンス

菓子作りに興味のある安子と興味のない長男・算太。ふたりが逆だったらよかったのに。

安子の前でおはぎに箸を立て動かしはじめる算太。その身振り手振りは小さなエンターテイナー。おはぎが黒い靴。箸が細長い足のように見える。

算太はダンサーになりたいと言い出すが、杵太郎は「ダンサーはおなごの仕事じゃ」と猛反対する。ダンスホールの女性の印象で話していて、しかもなにか詳しいことで微妙な雰囲気に。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第2回 ぐつぐつ小豆、子役の頬、上白石萌音の白い足 “ふっくら”は幸せ」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第2回 ぐつぐつ小豆、子役の頬、上白石萌音の白い足 “ふっくら”は幸せ」の画像2