review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』安子が事故に… 演出・橋爪紳一朗氏語る撮影時の上白石萌音、その凄さ

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第5週「1946〜1948」

第25回〈12月3日(金)放送 作:藤本有紀、演出:橋爪紳一朗〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第26回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜25回掲載中)

今週の上白石萌音さん

第5週の演出担当の橋爪紳一朗さんいわく“安子のシングルマザー奮闘記”。その安子の奮闘は『おしん』の田中裕子を思うほどの重厚さである。第25回、事故に遭ったときの表情。これを俯瞰で撮ったところも鮮烈だった。橋爪さんに撮影したときの話を聞いた。

「あれはカメラを回す機能がついたクレーンを使用して撮りました。上白石さんが事故直後で心ここにあらずというような芝居をされたので、カメラを回すことで、芝居とカメラワークをリンクさせました。とくに細かいことを事前に話し合ったわけではなく、リハーサルしたときに、ああいう表現をされて、いやもう、巧いなあと思うばかりでした。しかも、上白石さんは直前まで雑談などをしていますが、本番でぱっとスイッチを切り替えるところも驚かされます」

遡って、第21回の冒頭の、写真立てを磨いていた布を突然投げ捨てる場面は台本にあったものを上白石さんが的確に表現した。

「助走を経て溜めたものが一気に爆発という場面の趣旨を軽くリハしたら、ああいうふうに彼女がやってくれました。個人的な好みもありますが、芝居巧者の上白石さんは表情を自在に作ることができますが、背中でも語れるだけの才能ももっています。だからこそ、哀しいときにいかにも哀しい顔するのではなく、思いと表情が多少ずれているほうが一層心情が表現できると思い、あえて顔を見せずに撮ったりもしています。第5週のみならず第3週にもそういうところがありました」

想像を超えた表現によって安子の心情が一層深まっている。
第6週でも上白石萌音の驚異の才能が閃くシーンが待っている。

安子、再び、岡山へ

貧しくも楽しかった大阪の生活もあっという間。千吉(段田安則)が迎えに来た。「おじいちゃん、おはぎ食べますか」と台に乗っておはぎをとって千吉に渡するい(中野翠咲)の愛くるしさといったらない。

千吉は孫に目を細め、おはぎに舌鼓を打つ。そして、「稔の妻として堂々と雉真の家にいればいい」と安子を説き伏せようとする。稔(松村北斗)が死んで孫もいなくなって……とショックの連続に臥せってしまった美都里(YOU)はるいさえ戻ってくれば気が済むと言うのだ。

その申し出を安子はるいとふたりで生きていくと拒む。「るいにそれにふさわしい教育を受けさせてやりてえ」という言葉を残して去る千吉。それは勉強好きの安子には痛い言葉だったことであろう。千吉は、るいが安子の子であると同時に稔の子でもあることを強調する。とにかく家を守ることが大事なのだ。男の子だったらもっとすごい圧をかけてきただろうと思うと、女の子で良かった気がする。

千吉の言葉に奮起して、おなじみのメランコリックな劇伴が流れる中、安子はますます働く。忙しくなったのはいいが、ラジオを聴く余裕もなくなってしまう。できればふたり以上でレッスンすることが上達の秘訣とラジオで言っている。それはつまり家族の団らんの時間の提案でもある。忙しい1日のなかのほんの15分を家族で同じ番組を聞いて過ごすことの大切さ。これぞお茶の間ライフ。安子は15分の時間をとることができず、るいはひとりでラジオを聴くことになる。家族の分断。

ラジオは家族で楽しむのもいいし、ひとりで楽しむのもいい。本来ラジオはなにか作業しながら聴けるもの。しっかり聴いて学ぶことは無理でも音楽やちょっとしたしゃべりすら気晴らしにできないほど今の安子は心身ともに追い詰められていた。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』安子が事故に… 演出・橋爪紳一朗氏語る撮影時の上白石萌音、その凄さ」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』安子が事故に… 演出・橋爪紳一朗氏語る撮影時の上白石萌音、その凄さ」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク