review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第27回 みんな大好きだった「たちばなのおはぎ」勇の野球愛も止まらない

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第6週「1948」

第27回〈12月7日(火)放送 作:藤本有紀、演出:二見大輔〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第28回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


安子、豆腐屋でおはぎを売る

事故から3カ月ほどが経ち、安子(上白石萌音)の左腕が完治した。一方、るい(中野翠咲)の額の傷は残ったまま。ナレーション(城田優)で語りながらも、安子が両手で髪をときながら鏡で完治した手を見ること、その左手でるいの傷に触れることで、文字情報としても、画としても、両方でわかる優れたはじまりである。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜27回掲載中)

橘の敷地が他者のものになってしまったため、安子はきぬ(小野花梨)の水田屋豆腐の一角を間借りしておはぎを売り始めた。地元の人達は「たちばなのおはぎ」を覚えていて、懐かしみながら購入していく。

みんなが好きだった「たちばなのおはぎ」。勇(村上虹郎)も子どものときから好きだった。という回想から、勇のターンへ――。

勇はおはぎも好きだが、一番好きなのは野球。雉真繊維の業績をどう伸ばすか、千吉(段田安則)に聞かれると、野球を例えにしてこれまでの雉真の流れを振り返る。

勇「ちゅう話しやな」
千吉「違う」

あっさり否定されてしまう勇。勇の野球愛をちょっと大げさに語るシーン。軽妙で楽しく見ることができた。野球の道具も片付けてしまい素振りやキャッチボールはできないし、野球野球とセリフで言っていても代わり映えがしない。こういうふうに大げさに見せることで勇の未練が伝わってくる。

「ちゅう話しやな」は第6週の予告編の最後にも使用されていた。汎用性の高いカットである。

朝、台所で、「おいしゅうなれ、おいしゅうなれ」と「たちばな」直伝のやり方で小豆を炊いていると、勇が来て、自分は野球しか脳がないと弱音をはく。四番サードという花形がいまではなんの役にも立たないとしょげる勇に、野球に打ち込んできた勇にしかできないことがあると励ます安子。おそらく勇は敗戦国日本の暗喩でもあるだろう。

幼馴染のふたりの仲良いところを、女中・雪衣(岡田結実)が目撃し、微妙な表情を浮かべる。なんでこんなに雪衣は意味深なのか……。わかりやすいけれど、自然と雪衣にネガティブな気持ちが沸いてしまうことに戸惑いも否めない。それも狙いなのだろうけれど。

安子になおも苦難が……という流れなのだろう。雪衣の存在が気にかかるうえ、さらに千吉が安子に子連れで商いすることを禁じる。雉真のメンツにかかわるという理由で。安子としてはるいの治療費を稼ぎたい一心だが、子連れでみみっちく商売されると、雉真家が嫁に意地悪しているみたいに思われるのがいやなのだろう。るいさえ手伝っていなければ、嫁(ある意味他人)が勝手にやっていることになる。美都里(YOU)がおとなしくなったら千吉が冷たい。

何も知らないるいは、お留守番させられることを悲しむ。引き裂かれそうな思いに苦悩する安子。前途多難である。

それでも、リアカーを使って営業にまわり、ささやかに事業を拡大していく安子。どこでも「たちばなのおはぎ」を覚えていた人たちが集まってきて好評。彼女のこのバイタリティーを見るに、本当は安子が雉真の仕事を稔に代わってやってもいいんじゃないかとさえ思う。そんな朝ドラもありそうだが、『カムカム〜』はそうではない。安子には違う世界が待っている。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第27回 みんな大好きだった「たちばなのおはぎ」勇の野球愛も止まらない」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第27回 みんな大好きだった「たちばなのおはぎ」勇の野球愛も止まらない」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク