review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』アメリカに対するそれぞれの敗北感、大事な者を奪われた喪失感描く第28回

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第6週「1948」

第28回〈12月8日(水)放送 作:藤本有紀、演出:二見大輔〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第29回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


安子、英語で人助けする

いまから80年前の1941年12月8日、太平洋戦争がはじまった。「このあとの『カムカムエヴリバディ』では、戦中戦後の不安や孤独、心細さがしっかり描かれています」と『おはよう日本 関東版』の高瀬アナが語っていた。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜28回掲載中)

『カムカム〜』では戦争が終わって3年経った。登場人物たちが戦争で受けた傷から立ち直ろうとしている。

安子(上白石萌音)は路上で花を売っている女性(川本美由紀)が進駐軍将校(村雨辰剛)に平謝りしているところを、英会話を使って助ける。安子の英語は外国人にちゃんと通じた。

花を売っていた女性は野山の花を摘んで売っていて、それを咎められたと思って必死に謝っていた。野の花を摘んで売って生計を立てて生き抜くしかない状況で、本来なら謝る必要はないと開き直っても良さそうだが、ついペコペコしてしまうのはアメリカと日本の力の差であろう。

このとき日本人は敗者なのでアメリカの脅威に縮こまるしかなかった。逆に、誤解で怖がらせたお詫びと大金をもらうと喜んでしまう。そこにはプライドはない。生きることで精一杯なのだ。

第28回では花売りの女性を筆頭に、アメリカに対する各々の激しい敗北感が描かれる。美都里(YOU)るい(中野翠咲)がラジオの『カムカム英語』を聞こうとするのを止める。稔(松村北斗)を殺した国の言葉なんて聞きたくなかったのだ。

また、安子が再会したディッパーマウスブルースの定一(世良公則)は進駐軍相手に商売をしていることにコンプレックスを感じている。息子・健一(前野朋哉)は戦争に行ったまま帰ってきていない。あんなに外国の音楽が大好きだったのに、引き裂かれるような気持ちであろう。

ここでもうひとつ気になるのは、女中・雪衣(岡田結実)の言動である。留守番をさせられたるいがその理由がわからず不満を抱いていると、るいの前髪をあげて額の大きな傷を見ながら「安子さんは諦めたんだと思います」と言うのだ。女手ひとつでるいを育てることを諦めたのだと。小さな子にはとうていわかりそうにないことをわざわざ言う。しかもるいの傷を意識させるようにしながら。

そのときの雪衣はまるで魔女みたいに見えたが、そこには果てしない無力感がある。安子がるいを迎えに来て歌いながら去っていく姿を見送る表情がこれまでの嫉妬の顔ではないちょっと哀しげな微笑みだった。雪衣も何か「諦め」を抱えているのではないだろうか。

戦争に負けて、誰もが敗北して諦めている。安子も血縁や稔を亡くして傷ついている。でも皮肉なことに、彼女の心を上向かせたのは敵の国の言葉・英語だった。ごく当たり前に好きな英語を学び、それが外国人に通用した喜びを稔の形見の辞書を抱きながら稔の写真に語りかける。

でも写真の稔は決して答えてくれない。この回の終わりは、『カムカム英語』の「あなたのいないクリスマス」を題材に英語のレッスンをする。「おまえがいなくちゃクリスマスもさっぱりだからな」「私達は思うこともできない。クリスマスを祝うなんて。あなたなしで。あなたのいないままで」。平川唯一(さだまさし)の声を、稔の写真を前にしたるいがぼんやり見ている姿は喪失感そのものだった。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』アメリカに対するそれぞれの敗北感、大事な者を奪われた喪失感描く第28回」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』アメリカに対するそれぞれの敗北感、大事な者を奪われた喪失感描く第28回」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク