広末涼子、“毎日作る”子どものお弁当で工夫していることを明かし「女子は喜びます」

広末涼子、“毎日作る”子どものお弁当で工夫していることを明か...の画像はこちら >>



4月26日、テレビ朝日系『家事ヤロウ!!!』に、広末涼子が出演した。



現在、3児を育てる母である広末は、番組中、“苦手な家事”について聞かれると「裁縫です」とコメントした。



続けて、「旗を作ってきてくださいみたいな、運動会の」と切り出すと、布を三つ折りにして四隅を縫う作業で、重なった部分の布が固く、針がなかなか通らなかったため、勢い余って指に針を刺してしまったと説明。「あ、血出ちゃった!と思って、こうやって『ま、いっか』と思ってやってたら旗に血ついちゃって」「だから(付着した血を)漂白する余計な仕事が増えて」と作業を再現しつつ失敗談を明かしていた。



また、子どものお弁当についてと聞かれると「お弁当は毎日作ってます」といい、必ず入れる具材については「卵焼きは定番だから、なんか卵のアレンジで結構」「卵焼きは中にカニカマを入れると。それを斜めに切ってあげてハートにすると女子は喜びます」と話していた。