話題の『恋マジ』出演中の西野七瀬、役と向き合う繊細な演技を武器に女優として躍進

話題の『恋マジ』出演中の西野七瀬、役と向き合う繊細な演技を武...の画像はこちら >>



かつて乃木坂46の人気メンバーとして、多くのファンから支持された西野七瀬。卒業後は、女優としてドラマや舞台などで幅広く活躍しており、現在はドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(関西テレビフジテレビ系)にて、広瀬アリス飯豊まりえといった実力派の女優らと共に“恋に本気になれない女性”を熱演している。本記事では、2022年も途切れることなく出演作が続く彼女の、女優としての成長にスポットを当てたい。



2019年2月に乃木坂46から卒業し、女優として新たな道を歩き出した西野。昨年8月に公開された映画『孤狼の血 LEVEL2』では、危険な任務についた弟を気遣う姉であり、「スタンド 華」のママ・近田真緒役を熱演したことでも話題となった。過去にはテレビ番組の中で、「(弟の)チンタに対しても結構厳しい感じであたるんですけど、でも全部それは愛情あってのこと」と役柄の解釈を語っており、“冷たい姉”といった印象にならないように役作りをしたと明かしていた。そういった役柄への深い理解により、厚みの増した演技が評価されたようで、西野は同作で第45回日本アカデミー賞にて「優秀助演女優賞」「新人俳優賞」を受賞している。



同作で自身初の映画賞を受賞し、名実共に女優としての地位を確立させた西野だが、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』で主演を務めた際には、そのプレッシャーやハードな撮影から何度もくじけそうになったという苦悩を、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』内の動画で明かしたこともあった。クランクアップ後のインタビューにて、“理想通りにはできなかった”と反省を口にしたものの、得たものも大きかったようで、西野は「成長できたこと必ずあると思うし、この大変さを覚えとかなきゃ、とか思いますね」「乗り越えれたんだから、次からも大丈夫だっていう自信にもなりますし」と話し、目に涙を浮かべていた。