4都県対象に「緊急事態宣言」検討 菅総理

菅義偉総理は4日、新型コロナウイルス感染症拡大抑止のため、4都県に対し「緊急事態宣言」の検討に入ると表明した。緊急事態宣言での対象は飲食関係が軸になる。また緊急事態宣言が出されても小中高の学校休校は避けるもよう。大学入学共通テストも予定通り行われる。


 菅総理はこの日の記者会見で、12月の人出は多くの場所で減少したが、東京と近県の繁華街はあまり減っていなかった。経路不明の感染原因の多くは飲食によるものと専門家が指摘している。そのため夜の会合を控え、飲食店の営業時間短縮に協力をいただくことが最も有効ということだと述べた。


 そのうえで菅総理は飲食による感染防止を実効的なものにするため、給付金と罰金をセットにした『特措法』を通常国会に提出する考えを述べた。


 また菅総理は医療について「東京はじめいくつかのところでひっ迫する状況にある」とし危機感を示し、国として看護師の確保など財政支援を徹底して行う、また各自治体と一体となって病床確保を進める。必要なら自衛隊医療チームの投入も躊躇しない」と強調し、医療崩壊を防ぐ考えを強調した。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「4都県対象に「緊急事態宣言」検討 菅総理」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「感染経路不明」が半数近くいるのに、なぜ「飲食店」だけなんだ?バカ?

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月6日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。