鈴木おさむ、名前を隠しフリースタイルダンジョンを監修

鈴木おさむ、名前を隠しフリースタイルダンジョンを監修

株式会社サイバーエージェントの運営する映像配信プラットフォーム「FRESH!」のラッパー・漢 a.k.a. GAMIの公式チャンネル『漢ちゃんねる』では、8月22日に作家・鈴木おさむをゲストに迎え世田谷区・池尻の沖縄料理店より人気番組『漢たちとおさんぽ』を配信した。

鈴木が、漢から今回の出演のきっかけを聞かれると、ラップ好きで知られる株式会社サイバーエージェント社長藤田晋やラッパーのZeebraからの依頼を受け、テレビ朝日にて放送中のラップバトル番組『フリースタイルダンジョン』の監修を“36”名義で行っていると初めて明かし、漢さんとの意外な繋がりを明かした。

「変な先入観を持たれるのが嫌だった」と、名を隠して監修に参加していた理由を説明し、黒子に徹しながらも「『フリースタイルダンジョン』の収録に行くとドラマが見られる」と現場に出向き、番組の中身や字幕の出方までこだわりを持って監修していると話した。

また、様々な規制が多い現代のテレビ業界に携わるなか「いろんなものがだめで、コンプライアンス!と言われ腹が立ったので、今やラップ業界でよく使われている「コンプラ!」という言葉を作った」と裏話を明かすと、コンプラ用語を多く用いたラップで知られる漢と番組出演者達は立ち上がり拍手をした。

鈴木と漢の二人の出会いのきっかけをつくったのは『フリースタイルダンジョン』の“ラスボス”であるラッパー・般若で、番組のお食事会で般若と話をしたときに鈴木自身が『フリースタイルダンジョン』への愛が深まったので、ぜひ「漢さんと飲みたい」と般若に伝え初対面が叶ったそう。

あわせて読みたい

EntamePlexの記事をもっと見る 2017年8月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。