指導歴30年超。現場レベルから見たドイツサッカーの4半世紀

指導歴30年超。現場レベルから見たドイツサッカーの4半世紀

ベルリン州サッカー連盟指導者教官・カルステン・マース氏インタビュー_前編

若手選手の育成はもちろんのこと、ブンデス史上最年少監督ユリアン・ナーゲルスマンを筆頭とした若手指導者の育成・抜擢の土壌も確立されているドイツ。彼らはいかにして“若手抜擢”を可能にするシステムを作り上げてきたのか。ベルリン州サッカー連盟でおよそ20年にわたり「指導者の指導」に取り組んできたカルステン・マース氏を取材。ドイツの育成の現在・過去・未来について話を聞いた。

前編ではマース氏自身の経歴を振り返りつつ、彼が連盟と並行して関わってきたアマチュアクラブの例を通してドイツのアマチュアクラブにおける指導者事情に触れてほしい。

インタビュー・文 鈴木達朗

16歳でスタートした指導者の道

――マースさん、今日はお時間いただきありがとうございます。まずは、マースさん自身の経歴をお話していただければと思います。1990年から本格的に指導者として活動を始めたというお話ですが。

 「正確には1985年からです。私自身まだ16歳と若かったですね。私たちのチームのコーチが素晴らしい人で、お手本のような存在でした。それで、『私も彼のようになりたい』と思うようになり、早い段階で小さな子供たちのコーチとして指導者の道に進みました。そして、『これは自分のやるべき仕事だ』と感じるようになるまで、それほど時間はかかりませんでしたね。18歳で、当時所属していたクラブの育成部門のチーフに抜擢されました。私にとって、自分自身が指導者として働くだけではなく、クラブ内の他の指導者たちが仕事をしやすい環境を整えることも重要なテーマだったのです」


あわせて読みたい

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月4日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。