フランス社会におけるサクセスストーリーを実現したムバッペ

フランス社会におけるサクセスストーリーを実現したムバッペ
拡大する(全1枚)

 11月11日、キリアン・ムバッペの自伝マンガ『Je m’appelle Kylian(僕の名前はキリアン)』が発売になった。

 これはムバッペがこの世に生を受けてから、憧れだったパリ・サンジェルマンに入団するまでを描いた「バンド・デシネ(BD)」と呼ばれるフランス流の漫画で、発売後わずか1週間で、予約分を含めて15万部を売り上げている。

この投稿をInstagramで見る

Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿

「特別なところから来たわけじゃない」

 「大人に向けた本にはしたくなかった。この本を出した目的は、子供たちに夢を持ってもらうことだったから。子供たちにとっては、絵があったほうが読みやすいからね」と、“マンガ”というスタイルで自伝を発表した理由を語ったムバッペ。

 11月の代表ウィークでは、13日のカザフスタン戦で32分までに3得点、終盤にも1点を追加して、なんと計4点をマーク。8-0で快勝したフランスは、この勝利により来年のワールドカップ出場を決めた。そして、3日後のフィンランド戦でも1点を奪い、フランスの勝利(0-2)に貢献している。

 レ・ブルーの大ヒーローとなった翌日、ムバッペはパリ郊外にある出身クラブのASボンディを訪問して、サッカーキッズたちに自伝マンガを手渡しした。

 「彼らには、僕は特別なところから来たわけじゃない、ということを伝えたい。僕もこのグラウンドで始めたんだ。ここにある道具を使い、今いる彼らと同じようにここでプレーしていた。だから、遠い世界の話なんかじゃない。実際に僕はここにいて、そして今、成功している」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク