PS4『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』メインキャラの情報を公開、ルフラン市に伝わる奇妙なルールとは?

PS4『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』メインキャラの情報を公開、ルフラン市に伝わる奇妙なルールとは?
PS4『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』メインキャラの情報を公開、ルフラン市に伝わる奇妙なルールとは?
日本一ソフトウェアは、PS4ソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』の新たなビジュアルやシステムなどの最新情報を公開しました。

『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』は、独特の雰囲気が特徴のダンジョンRPGです。プレイヤーは“人形兵”を率いて、妖しげな街「ルフラン」の地下に広がる迷宮の踏破を目指します。本作は2016年6月23日に発売されたPS Vita用同名タイトルの移植作品で、“ファセット”と呼ばれる職業に新しいビジュアルが追加されるなど、様々な面がパワーアップしています。

今回、この本作のメインキャラクター、ドロニア一行が出会う登場人物や、ルフラン市に伝わる奇妙な“ルール”、さらに人形兵たちの新たなビジュアル、戦闘システムなどの情報が公開されました。

◆メインキャラクター紹介
■夕闇の魔女 “ドロニア”

CV:仙台エリ
黒い装束に身を包んだ、黒髪と美貌を持つ魔女。王に仕える宮廷魔女で、その赤と青の目の色から、夕闇の魔女と呼ばれおり、自らを“バーバ・ヤーガ”と名乗っている。

■魔女の弟子 “ルカ”

CV:種崎敦美
夕闇の魔女ドロニアの弟子で一緒に旅をしている。元気で明るく、泣いたり笑ったりと表情がくるくる変わる。

■プレイヤーの分身 “レキテイ”

プレイヤーの分身“妖路歴程(ようろれきてい)”通称“レキテイ”。かつて地下迷宮に挑み、その奥底から帰還した男が書き残したとされる伝説の書物。呪われた書物とも呼ばれており、長い間、その所在が不明となっていた。いずこから入手したのか、魔女“ドロニア”の手によって、辺境の街・ルフラン市へと持ち込まれることになった。本来はただの“いわくつきの書物”であったが、ドロニアたちが街に到着する少し前、突如“何者かの魂”が書物に宿り、意思を持つ書物へと変貌。臙脂色の装丁が施されていた表紙には、目や口と思われる部位が発現し、意思とともに様々な動きを取るようになった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2017年7月20日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。