『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台

『ドラクエビルダーズ』は「世界の半分をやろう」で「はい」を選んだあとの世界が舞台
『ドラクエI』の有名な質問(「ドラゴンクエスト新作発表会」より)
スクウェア・エニックスは、「ドラゴンクエスト新作発表会」にて、PS4/PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の最新情報を公開しました。

『ドラゴンクエスト』シリーズの新機軸として発表された『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』。ジャンルは「ブロックメイクRPG」とされており、荒廃してしまったアレフガルドをブロックを用いてさまざまモノを作って復活させ、「竜王」を倒すことが目的です。

◆世界観
「アレフガルド」といえば、第1作『ドラゴンクエスト』の世界。本作の「アレフガルド」がなぜ荒廃してしまったのかが判明しました。

ドラクエI』の有名なシーンとして「竜王」からの質問があります。

*「もし わしの みかたになれば
  せかいの はんぶんを
  おまえに やろう。
『ドラクエI』ではこの質問に対し、勇者は「はい/いいえ」を選べます。ここで「はい」を選ぶとゲームオーバーになってしまうのは、ゲームファンには非常に有名なエピソードとして語り継がれています。本作はなんと、ここで勇者が「はい」を選んでしまったあとの世界が舞台。時は流れ、プレイヤーである1人の若者が荒廃した世界の復活と打倒「竜王」を目指します。

◆モノづくり
世界は「ブロック」でできており、土や葉っぱといった材料のブロックをサクサク収集して組み合わせ、新しい材料を生み出し、さまざまなモノを作っていきます。一からすべてを自分で作るだけでなく、壊れかけた城や町を修復するような遊び方も用意されています。基本的に世界は荒廃した『ドラクエI』の世界「アレフガルド」ですが、これらのモノづくりによって、自分だけの「アレフガルド」を復活させていくことになります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

インサイドの記事をもっと見る 2015年7月28日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「カプコン」のニュース

次に読みたい関連記事「カプコン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュース

次に読みたい関連記事「KONAMI」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら