カー・セックスの誕生は平安時代?あなたの知らない性や愛に出逢える「いろごと辞典」が面白い!

カー・セックスの誕生は平安時代?あなたの知らない性や愛に出逢える「いろごと辞典」が面白い!
       
性に関するスラングや表現を集めた辞書と言えば『官能小説用語表現辞典』(ちくま文庫)が知られていますが、江戸時代を中心にさらに幅広い年代の性用語を収めたのが『いろごと辞典』(角川ソフィア文庫)です。

カー・セックスの誕生は平安時代?あなたの知らない性や愛に...の画像はこちら >>


『いろごと辞典』表紙(画像:Amazonより)

■遠回しがむしろ艶めかしい。「桃と桜のすもう」とは…?

『いろごと辞典』をパラパラとめくってゆくと、「直截的であるよりも、間接的な表現のほうが美しい」という日本の美意識が伝わる表現の数々に魅了されます。そのほんの一部を紹介しましょう。

カー・セックスの誕生は平安時代?あなたの知らない性や愛に出逢える「いろごと辞典」が面白い!


『高唐賦』のワンシーン(画像:「百科知識」より)

雲となり雨となる 一見性的な匂いがまったく感じられないこちらの表現。「男女が契りを結ぶ。肉体関係になる」を意味することがあるそうです。山に住む神女が雲や雨に姿を変えて王と契ったという中国の故事に基づきます。

破れ傘 女性が上になる体位のこと。「淫水が陰茎を伝って流れ落ちる様を破れ傘の柄を雨が伝って流れ落ちる様に例えた呼び名」とのこと。

桃と桜の花角力(はなずもう) 女性同士の性行為を指します。「ピンク色の春の花がすもうを取る」というイメージには、決して他言語には翻訳できないほのかなエロスが漂います。

■仏教とともに密かに伝来していたアレ

『いろごと辞典』には性愛に関する雑学も数多く掲載されています。

カー・セックスの誕生は平安時代?あなたの知らない性や愛に出逢える「いろごと辞典」が面白い!


鳥高斎栄昌『扇屋昼見世畧』(画像:Wikipediaより)

例えば、「性具の歴史」という項目を引くと、奈良時代に遣唐使によって伝えられたという説に始まり、平成の世の進化した性具に至るまで、1300年におよぶ性具の歴史が2ページに渡って記されています。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュース

次に読みたい関連記事「Amazon」のニュースをもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。