キャッシュレスは「地方」から伸ばせ! 「&Pay」のMTIが地域金融機関と組むワケ?

キャッシュレスは「地方」から伸ばせ! 「&Pay」のMTIが地域金融機関と組むワケ?

お金の支払い手段、「決済」が大きく変わろうとしている。決済手段には、クレジットカードのほか、すでに楽天EdyやiD、QUICPayなど電子マネーに加えて、SuicaやPASMOといった交通系ICカード、さらに最近はQRコードを使ってスマートフォンの画面をかざすだけの新しい手段が急速に広がっている。

政府が「キャッシュレス化」を推進していることもあり、2019年は新たな決済手段が花開く1年になりそう。なかでも、「QRコード」によるモバイル決済はブームともいえる盛り上がりを見せている。

群雄割拠のQR決済 PayPayLINEのつばぜり合い

QRコード決済は、小売店側が紙やタブレットで表示するQRコードを、お客が自身のスマホアプリで読み取ったり、あるいはお客がスマホに表示したQRコードを小売店側がタブレットなどで読み取ったりしてお願いで金の支払いを済ませる仕組み。

お客が事前に、自身のクレジットカード番号や、銀行の預金口座の番号などを登録しておくことが必要だが、小売店側はクレジットカードのようにカードの磁気情報を読み込む端末機を設置する必要がないので初期投資がかからず、導入しやすいメリットがある。

先駆けは金融プラットフォームを企画・運営するベンチャーのOrigami。その後、楽天やLINEなどが進出。KDDIや、みずほフィナンシャルグループも参入予定とされる。

「100億あげちゃうキャンペーン」で話題となった「PayPay(ペイペイ)」は、ソフトバンクとヤフーが出資した合弁会社。このキャンペーンは2018年12月4日にスタート。PayPayの利用で支払額(買い物金額)の20%還元と、10~40回に1度の確率で支払額がすべて還元される。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年1月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。