「日本人長者番付」ユニクロ柳井正氏1位返り咲き 2位孫正義氏、ZOZO前澤氏はダウン......

「日本人長者番付」ユニクロ柳井正氏1位返り咲き 2位孫正義氏、ZOZO前澤氏はダウン......
1位の柳井正氏(2012年9月撮影)
       

経済誌「フォーブスジャパン」が「日本人長者番付2019」を、2019年4月11日に発表した。

1位は、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を傘下に持つファーストリテイリングの創業者、柳井正氏で、2016年以来の首位となる。2位は昨年(2018年)首位だったソフトバンク孫正義氏、3位はキーエンスの創業者、滝崎武光氏だった。

上位50人の全リストはウエブ特設ページと「Forbes JAPAN」7月号(5月25日発売)に掲載される。

ユニクロが好調な柳井氏、巨大投資が注目を浴びる孫氏

日経平均株価がここ1年間で5%上昇した一方、長者番付に名を連ねた50人のうち31人が、前年より資産を減らした。50人が保有する資産の総額は、今年3月22日時点で総額1780億ドル(約19兆7800億円)。前年の合計額1860億ドルより減少した。

ファーストリテイリングの株式のうち、44%を保有する柳井正氏とその家族の資産は、約249億ドル(2兆7670億円)。50人のうち、この1年でドル建て資産を最も増やした。昨年の193億ドルから29%に当たる56億ドル増やしている。柳井氏の積極的な事業拡大により、ユニクロは現在、衣料小売りで世界第3位となっている。

ソフトバンクの孫正義氏は、昨年首位から2位に。ただ、ソフトバンクの株価は上昇しており、孫氏の保有資産も前年から21億ドル増加して240億ドル(2兆6670億円)となった。孫氏が設立した1000億ドル規模のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は、巨額投資で広く注目を集める。SVFはサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から450億ドルの出資を受けている。そのほか、アブダビ首長国のムバダラ開発公社、アップル、クアルコム、オラクルの共同創業者で富豪のラリー・エリソンなどもSVFに出資している。


J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月12日の経済記事

キーワード一覧

  1. ユニクロ ワンピース

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。