ニューヨークでも有名店として知られる「サリバン・ストリート・ベーカリー」。小室圭さん、眞子さん夫妻の自宅マンションから10分ほどの距離にあり、最近は頻繁に通っているという。

6月下旬にも香ばしいパンの焼けるにおいが漂う店内から出てくる2人の姿が目撃された。

小室さんがほほ笑みながら右手を差し出すと、眞子さんがしっかりと指を絡ませる。

お互いの愛情を確かめあった後、小室さんは職場である法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー(以下LS)」へ出勤していった。

眞子さんが家族や国民の反対を押し切ってまで手に入れた夢の生活だが、周辺からは必ずしも祝福の声ばかりが聞こえてくるわけではないという。NY在住の日本人ジャーナリストはこう語る。

「夫妻を知る日系人たちは、『小室さんからは緊張感が感じられない。3度目の司法試験だが、今度こそ合格できるのか?』と、言っています。7月下旬の試験まで、あと1カ月を切りましたからね。

前回2月に受けたときは、その直前には、夫妻の姿はまったく目撃されていませんでした。小室さんはおそらく、出勤日数も減らし、部屋にこもって試験対策に励んでいたのでしょう。当日も悲痛な表情をした小室さんが目撃されています」

小室さんが余裕を見せているのは、前回の試験で合格に肉薄できたからだという。

「日本で勤務していた法律事務所の奥野善彦弁護士には、『(合格には)5点足りなかった』と、報告したそうです」(皇室担当記者)