猫好きだけど猫アレルギー、そんな人に朗報かも。アレルギーの症状を緩和してくれる抗体入りのキャットフードの開発

猫好きだけど猫アレルギー、そんな人に朗報かも。アレルギーの症状を緩和してくれる抗体入りのキャットフードの開発

Image by Domepitipat/iStock
 私の従妹は、猫を飼ってから猫アレルギーが発症し、通院しながらも、猫かわいさに撫でまくって、症状が悪化するという日々を14年間続けている。

 生まれた時から猫がいる環境で育つと猫アレルギーになりにくいとは言われているが、大人になって初めて大好きな猫を迎え入れたら、実は猫アレルギーだったなんてケースを良く耳にする。

 猫は大好きなのに猫アレルギー。そんな因果な宿命を背負ってしまった人に朗報かもしれない。

 ネスレ・ピュリナ社が『Immunity, Inflammation and Disease』に掲載した研究によれば、キャットフードに抗体を入れることで、アレルギー症状を緩和することができるのだそうだ。 
【猫アレルギーの原因となる「Fel d1」】

 世界的にみると、およそ20パーセントの人に猫アレルギーがあると言われている。結構高い比率である。

 その原因となるのは猫が分泌するアレルゲンで、特に「Fel d1」というタンパク質は、アレルギー反応の95パーセントを引き起こしているとされる。

 Fel d1は猫の唾液や皮脂腺で作られる。そしてペロペロと猫が毛づくろいしたり、おしっこをしたりすると、そこに含まれているアレルゲンが被毛に付着する。

 すると毛が抜けたり、垢が落ちたりすることで広まるし、とても軽く空気中を漂うために、人が吸い込みやすい。さらにべたっとくっついて、室内に蓄積されていくという厄介な性質もある。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月31日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。