ヒューマノイド?エイリアン?古代の奇妙な岩絵が発見される(タンザニア)

ヒューマノイド?エイリアン?古代の奇妙な岩絵が発見される(タンザニア)
       


 タンザニアの洞窟から、重ね描きされた珍しい岩絵が発見された。だが、その古代アートに描かれていた儀式らしき場面は、現代のタンザニアに住むサンダウェ族の伝統とは違っていた。

 これらの絵は、タンザニアの先住民族であるサンダウェ族の遠い祖先が描いたものだが、この古い「Gogo」グループの先住民族の子孫は、少なくとも8万7000年前にさかのぼる科学界でもっとも古いDNAをもっているとされている。

 最近発見されたこの岩絵には、スイギュウ、キリン、家畜など動物のほかに、エイリアンのようなもの、角を生やした人型の物体、人間を食らっているものも描かれている。
【未知なる生き物が描かれた岩絵を発見】

 これらの岩絵が見つかったのは、2018年6月のこと。タンザニア中央部ドドマ州にあるAmak'hee4という洞窟内のせり出した岩の下に隠れるように描かれていた。

 ポーランド、クラクフにあるヤギェウォ大学の研究者たちによると、描かれているものの多くは、動物たちのほかに、エイリアンのようなまるで未知の生き物で、現代のサンダウェ族につながりそうな絵とはまるで違うという。

[画像を見る]
タンザニア、Amak'hee4に描かれている絵

 この岩絵は、岩がせり出している下に描かれていたせいか、長年の太陽光や流水などから守られ、色素が色褪せないで済んだようだ。

 そのおかげで、非常に保存状態がいいという。ただ、絵が描かれた年代は正確にはわからず、ヤギェウォ大学のマキエイ・グゼルチク教授は、数百年前のものと言うだけにとどめた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月19日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。