自分の誕生日に死ぬ確率が高くなる「誕生日効果」は本当なのか?その根拠となる4つの理論

自分の誕生日に死ぬ確率が高くなる「誕生日効果」は本当なのか?その根拠となる4つの理論

pixabay
 私くらいの歳になると、誕生日の前日にUターンして、今後一切誕生日を迎えることなく年齢をストップさせたいわけだけど、そんな願いは叶うわけもなく、また今年も1つ年齢数が加算されるわけだ。

 まあでも、この世に生を受けた以上役割があるわけだし、「お母さん、産んでくれてありがとう!」とまでは言えないまでも、与えられた役割を探す旅を今後も続けていくことになるだろう。という自分語りをうっかりしてしまったが、本題となるのは「誕生日効果」だ。

 「誕生日効果」とは、自分の誕生日とその前後は死亡する確率が高くなるというものだ。なぜそうなるのか?明確な科学的根拠は不明だが、4つの理論が成り立つという。

■ 誕生日効果における統計調査

 実際に誕生日前後に死亡する確率が高まるという統計結果が出ている。

 『Insider』によると、2012年のスイスの調査では、60歳以上の人は別の日よりも自分の誕生日に死亡した人が13.8%多いことが判明している。

 1969年から1990年の間に死亡した約300万人のアメリカ・カリフォルニア州の記録を調べた別の調査では、それぞれの誕生日もしくはそれに近い日に死亡している確率は他の日よりも高かったという。

 現時点では科学的に「誕生日効果」が起きる理由について、明確な発見ができていないが、この現象が起こりうる可能性のある4つの理論が推測されている。【1.外的要因によるもの】

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク