タコやイカ・エビやカニにも苦痛の感覚があるとイギリスで正式に認められ、生きたまま茹でる行為は違法に

タコやイカ・エビやカニにも苦痛の感覚があるとイギリスで正式に認められ、生きたまま茹でる行為は違法に
 これまで、タコやイカ、エビやカニは痛みを感じる感覚がないと考えられてきたが、実はそうではなかったようだ。

 イギリスの専門家チームが、これまでに発表された300件以上の科学研究論文を精査した結果、タコやイカなどの頭足類と、エビ・カニ・ヤドカリのような十脚甲殻類には意識感覚があるという確たる証拠があることがわかったという。

 これを受け、イギリス政府の審査委員会は、無脊椎動物である頭足類や十脚類にも感覚があることを正式に認め、動物福祉法案の保護対象に追加した。

 これにより生きたまま茹でる行為は違法となる。

タコやイカ、エビやカニにも意識感覚がある 意識感覚とは、痛み、喜び、空腹、喉の渇き、暖かさ、楽しみ、快適さ、興奮といった感情をもつ能力のこと。これまでのイギリスの動物福祉法では、脊椎動物は全てこの感覚があると認めていた。

 感情と意識はまったく同じものではないが、感情は意識のもっとも基本的な感覚を示すため、両者は密接に関係している。

 例えば、ロブスターは捕獲されて狭い場所に入れられ、輸送される段階で非常にストレスを受け、レストランに到着する頃にはかなり弱って死んでしまうことも多い。

 無脊椎動物である十脚類や、タコのような頭足類はどちらも、痛みを感じるだけでなく、痛い思いをしたり、脅威を感じた対象や状況を覚えていて、それを避けるための行動をとることができる。

 無脊椎動物には脳がなく、人間が考えるような感覚をもっているわけではない。だが、痛みを伝える侵害受容体や、モルヒネに反応するオピオイド受容体などを含む複雑な神経回路があり、これが脳の代用を果たしていると考えられている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク