2022年最初の満月がやってくる!1月18日、地球から最も遠い場所で満ちるマイクロムーン

2022年最初の満月がやってくる!1月18日、地球から最も遠い場所で満ちるマイクロムーン
 カラパイア満月速報の時間だ。2022年最初の満月が1月18日8時48分にやってくる。朝なので17日の夜から空を見上げてみよう。

 2022年、地球から最も遠い場所での満月、マイクロムーンとなる。巨大小惑星も接近しているが、月の位置には遠く及ばないので、まずはお月様に今年一年の願掛けをしよう。

1月の満月は今年最少のマイクロムーン 2021年で、地球から最も遠い位置で満月となったのは12月。そして2022年は1月の満月と、2か月連続でのマイクロムーンとなる。

 何故毎月満月が起きる位置が変化するのか?

 それは、地球の公転する月の軌道が楕円形をしており、さらに、太陽や地球などの重力を受けて変化するためだ。そのため、満月や新月のときの距離が変わり、今回の満月が、2022年で最も遠い位置で起きるということだ。

 ちなみに今年最も地球に近い満月は、7月14日のもので、地球に最接近した状態で起きる満月は、スーパームーンと呼ばれている。

[画像を見る]

image credit:国立天文台

 今回のマイクロムーンは、7月のスーパームーンに比べて、視直径が約11%小さく、面積は約21%少ないが、実際に肉眼で見ただけでは、大きさの違いには気が付かないかもしれない。ウルフムーンと呼ばれる由来 アメリカの先住民たちは、毎月の満月に名前を付け、暮らしに役立てていた。The Old Farmer’s Almanac
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク