TVアニメ『BEM』劇伴インタビュー Part2.『TVアニメ「BEM」オリジナルサウンドトラック UPPERSIDE』未知瑠インタビュー

TVアニメ『BEM』劇伴インタビュー Part2.『TVアニメ「BEM」オリジナルサウンドトラック UPPERSIDE』未知瑠インタビュー
掲載:リスアニ!
       
「早く人間になりたい」のキメ台詞があまりにも有名な『妖怪人間ベム』の誕生から50周年を記念して制作されたアニメBEM』。巨大な港町「リブラシティ」を舞台にスタイリッシュかつ現代的な表現と共におどろおどろしいまでの人間の裏側が描かれ展開していく物語にさらに表情をつける劇伴を、本作ではSOIL & “PIMP” SESSIONSともうひとり、劇伴界の異能と評される未知瑠が担当。最近では映画『賭ケグルイ』やアニメ『ギヴン』の劇伴を手掛けたことでも知られる未知瑠が作り上げた『BEM』のオリジナルサウンドトラックがリリースされる。SOIL & “PIMP” SESSIONSによるオリジナルサウンドトラック第一弾『OUTSIDE』と対をなす『UPPERSIDE』。この劇伴に彼女が込めたものとは。

――「BEM」の劇伴制作のオファーはどのような経緯だったんでしょうか。

未知瑠 昨年の秋頃にオファーがあり、以前『終末のイゼッタ』でお世話になったフライングドッグの福田正夫プロデューサーからお声をかけていただきました。その時にSOIL & “PIMP” SESSIONSさんと未知瑠の組み合わせで劇伴制作する旨を伺いました。

――実際にベースになっている『妖怪人間ベム』についてはどんな印象をお持ちですか?

未知瑠 『妖怪人間ベム』は放送から50周年ということで、何度か観たことはあったんですけど、今回改めて観直しました。おどろおどろしいけれども「人間になりたい」という切実な想い。そして正義感のある妖怪たちに対して、人間のどろどろとしたところや汚いところが描かれたりと、なかなか奥深い作品で。また、不思議さや歪んだものも混ざった独特の世界観だなと感じました。

あわせて読みたい

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月25日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。