【インタビュー】MindaRyn 4thシングル「Daylight」リリース――TVアニメ『ありふれた職業で世界最強 2nd season』OP主題歌、茅原実里「境界の彼方」の英訳詞カバーなど、3曲で伝える温かな想い
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
タイ人シンガー・MindaRynの3クール連続となるアニメタイアップ曲も収録された4thシングル「Daylight」が2月23日にリリースされる。このシングルには放送中のTVアニメ『ありふれた職業で世界最強 2nd season』OP主題歌をはじめ、カップリングとして自身で1からストーリーを考えたというバラードや茅原実里が歌った楽曲「境界の彼方」の英語カバーも収録。この入魂の1枚を作り上げたMindaRynにそれぞれの楽曲、そしてこのシングルに込めた想いをメールインタビューで語ってもらった。

強さゆえの孤高な存在を包み込む周囲の温もりがテーマ
――今作の表題曲も『神達に拾われた男』『転生したらスライムだった件 第2期』に続いて、いわゆる異世界転生もののアニメのタイアップ曲となります。日本では若い世代を中心に幅広い層に人気が高いジャンルですが、タイでも同様でしょうか?

MindaRyn タイでも、子供から大人まで、異世界転生もののアニメはよく観られていますね!日本で話題になるアニメは、タイでも人気になることが多いです。異世界転生ものは作品によってまったく違う、それぞれの異世界が広がっているので、観ていて飽きないところや、展開が見えなくてワクワクするところが魅力だと思います。

――放送中のアニメ『ありふれた職業で世界最強2nd season』の本編やOP映像の感想を教えてください。

MindaRyn OP映像は暗い夜が明けていくシーンから始まるんですが、まさに「Daylight」の曲のイメージにぴったりだなと思いました。サビの激しく闘うシーンは、テンポアップした曲のリズムと合わさってより力強く、迫力ある映像になっていますよね。「もう1人じゃないよ」という「Daylight」の温かいメッセージも伝わる映像になっているので、すごく感動しました。アニメーションもとても綺麗なので、本編も毎週ワクワクしながら観ています!