3公演完走!「ASCA LIVE TOUR 2022-天歌夢想-」オフィシャルライブレポートが到着!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
全9都市18公演ツアーを経て、ライブパフォーマンスが格段にグレードアップしたASCAが東京・名古屋・大阪の3都市でバイオリンやチェロも引き連れたツアー“ASCA LIVE TOUR 2022-天歌夢想-”を敢行し、多くのファンを魅了した。ここではキネマ倶楽部で開催された東京公演の模様をレポートする。

円形の劇場然とした厳かな雰囲気の中、「君が見た夢の物語」のイントロ、オルゴールの音から一転バンドの爆発するようなサウンドで一気にASCAの重々しくも美しい世界に引き込んでいく。間髪入れずにTVアニメで放送されていたバージョンと同様、冒頭で「RESISTER」のサビを歌い始めると、会場のボルテージは一気に最高潮まであがっていく。

「逆境スペクトル」、「凛」では赤いフラッグを振ることでさらに熱が高まっていったところで、全英語詞のミドルバラード「DESIRE」、そして澤野弘之プロデュースの「Unti-L」を歌い上げ、より奥深く壮大な世界へと導いていく。

ボカロカバー曲の「ヴィラン」、「金木犀」ではファンとの手拍子と、目と目を合わせてのパフォーマンスでその距離感を一気に縮めていく。

そして特筆すべきは中盤でのアコースティックコーナー。特に「KOE」では、チェロとバイオリンの優雅なサウンドと、キネマ倶楽部という格調高い空間が相まって、「Fate」の持つ独特の世界観を体現するかのような荘厳な音楽体験を享受したに違いない。